口コミを頑張りたい人必見!極意、伝えます

MLM(ネットワークビジネス)をやっていて、皆さん、一番苦労するのって何でしょう?

答えは、もう、ずばり・・・

人探し!でしょ(笑)

とにかく、誘う人を見つけるのが大変なんですよね。

まずは、自分の知り合いの中から声をかける人のリストを作って・・・

ってもうこれだけで既に頭を抱えて激しく悩むところですが、

そこから、アポを取って、会いに行って、って。

経験者なら、誰でもこの苦労、わかるはずです。

普通の人は、そんな大きな人脈なんて持っていませんしね。

例えば、LINEとかに数百人くらいの人数の自分の「友だち」リストを持っている人は結構たくさんいると思うんですが、じゃあ、その中からMLM(ネットワークビジネス)に誘うのに使えそうな人の数なんてどれくらいです?

試しに数えてみなくても、知れてるでしょ?

何でそれだけの数の知り合いがいるのに、ほとんどの人には声をかけづらいのか。

実は、ここに、MLM(ネットワークビジネス)ならではの人脈づくりの突破口のヒントが隠されていたりします。

 

単なる「知り合い」ではダメ!(笑)

 

しばらく会っていない友人や過去に勤めていた職場の仲間に久しぶりに声をかけてみたかと思いきや、あなたから突然ビジネスの話を切り出されて不気味がられて彼らから距離を置かれる。

今まで普通のやつだと思われていたのに、その日から、何やら怪しいマルチに手を染めているやつ、というレッテルを貼られてしまう。

もはや、宗教の勧誘に匹敵するイメージの悪さ(笑)

そういう経験をしてきた人は多いはずです。

たぶん、こういうことをコツコツとやってきた人は、場合によっては、使った交際費や交通費の総額も馬鹿になっていないはず。

 

意外とこういう活動って、お金がかかるんですよね。

でも、結局、こんなことを繰り返していても、なかなか上手くいっていないでしょ?

 

「あの人なら、きっと、話を聞いてくれるはず」

 

そう思っていた人に久しぶりに声をかけてみたけれど、まるで見当違い。

会ってみたら、何やら雰囲気まで昔のイメージと違っていて、戸惑ったり💦

 

こういう経験から学べることってどんなことがあるでしょう?

彼らとあなたとの間には、別れてから経過した月日があります。

その間、あなたがそうであったように、彼らは彼らでそれなりにあなたの知らない人生の物語を歩んでいる。

その過ぎ去った時間の彼らの人生の物語に、あなたはまるで関与していないわけです。

あなたと彼らとでは、日常の中で抱えている問題認識も、まったく違っていて、当然なんですね。

だから、そういう人に、突然、あなたからビジネスの話を投げかけてみても、なかなか共感を得られないのはごく自然なことです。

 

で、実は、・・・

 

あなたが声をかけて人が誘いに乗ってくれる瞬間って、もう、必ず、共通点があります。

それは、何でしょう?

たったふたつです。

 

あなたと誘う人との間に、少なくとも警戒心のない空気が生まれている。

 

誘う人の人生のニーズを知り、あなたがその人の気持ちに寄り添ってあげている。

 

これ、両方満たしていないとダメですよ。

ここが大事です。

つまり、誘う人があなたを信頼できていて、さらに、この人なら自分の未来を明るくしてくれるかもしれない、と期待を抱かせることができる。

そういう関係を誰かとの間につくることができればOK。

それができれば、まさにその瞬間、あなたが人を誘って成功する確率は格段に上がっているはずです。

 

知り合いの三種類の親密度とは?

 

仮に、あなたの頭の中に存在する「知っている人」を、次のABCの三種類の層に分けてみましょう。

 

A層とは・・・

 

家族、親戚、特に親しい友人、その他、社会的に利害関係の深い仲にある人。

 

B層とは・・・

 

特別に親しいわけではないが、接触すれば、少し話をするくらいのコミュニケーションを取ることが可能な人。

 

C層とは・・・

 

顔を知っているくらい、あるいは、少なくとも挨拶ができる以上のお付き合いにはなっていない人。

このABCの三種類の層については、相手が日常で実際に出会う人であろうが、オンライン上の画面で出会う人であろうが、そういうことは問題でありません。

要は、これは、あなたと相手との心の距離、親密度を三種類に分類しているだけです。

 

狙い目はB層

 

このうち、A層は、はじめのうちは、絶対に手を出してはならない層である、と覚えておきましょう。

このA層は、あなたが独自の価値観によって作り上げた人間関係ではない、

という点が重要です。

ここは、既成の社会やネットワークの中にある人間関係のうち特に結びつきの強い人たちのいる層なんですね。

多くのMLM(ネットワークビジネス)初心者は、リクルート活動の際に、真っ先にこのA層に手を出してとても痛い目に合います(笑)

話をして断られるだけならまだマシですが、場合によっては、

「お前は悪徳業者からだまされている!」

だとか、

「悪いことは言わないから、今のうちにその世界から足を洗え!」

だとか、

逆に説得を受けたりすることだってある(笑)

ところが、このA層にいる人は、別の面白い面もあったりします。

例えば、散々あなたにビジネスを辞めるよう説得していた友人も、あなたがビジネスで成功を収めるくらいまでになると、

 

「お前ならきっとやる、と俺は最初から思っていたよ!」

 

とか言い出す(笑)

今度はてのひらを返したように近寄ってくる、という別の傾向もあるので覚えておきましょう(笑)

それまでは、関わらないでおくことです。

 

B層が、実は、あなたが新しい人生の価値観を相手に伝えやすいリクルート活動のスポットになってきます。

 

さて、ここで、もう一度、「人が誘いに乗ってくれる瞬間」のふたつの特徴をおさらいしておきましょう。

 

ひとつは、あなたと誘う人との間に、少なくとも警戒心のない空気が生まれている。

 

もうひとつは、誘う人の人生のニーズを知り、あなたがその人の気持ちに寄り添ってあげている。

 

でした。

つまり、

 

まずは、誘いたい人に、あなたが信頼できそうな人である、と思われること、

 

もうひとつは、誘いたい人の現状の不満や問題が何か、をあなたが的確に察知して、言葉と気持ちで彼らの味方になってあげること、

 

このふたつです。

 

このB層にいる人が現実で抱える不満や悩みを見つけて、あなたが彼らにひとつの新しい価値観を提案してあげること

 

が、実は、重要なのです。

と言っても、具体的にやることは簡単!

 

例えば・・・

 

「そうだよね、体が健康なうちはいいけどね」

 

「そうだよね、職場の人間関係はしんどいよね」

 

「そうだよね、子供の将来のことを考えるともうひと頑張りしなきゃね」

 

「私も、ほんと、今の人生から楽になりたい」

 

「私も、ほんと、先が不安」

 

「そう!お金さえあれば、私も◯◯したい」

 

「そう!ほんとに信頼できそうな人って、なかなかいないよね」

 

こういう会話やコメントで人に寄り添ってあげるだけで、人は自然と心を開いてくれるものです。

これを、ぽつりぽつりと会話の端々で繰り返す。

難しいことは何もない。

 

決して相手をコントロールしようとしてはいけませんよ。

そうではなく、大切なのは、

 

彼らが、自分なりに、現状を見つめ、

 

何が不安なのか、何が不満なのかを分析し、

 

それを自覚していくのを見届けること

 

です。

 

その上で、あなたから誘われたビジネスに、相手も共感し、

 

「これは人生を変えるチャンスだ!」

 

と思ってもらえるかどうか、は運次第。

神のみぞ知る、です。

 

ただし、何の策もなく手当たり次第に人に声をかけて回ることに比べれば、成功の確率ははるかに上がるはずです。

 

成功のカギは、C層をB層に引き込むこと

 

さて、多くの人にとって、このB層にいる人の数は、意外と少ないはずです。

そこで大切になってくるのが、

 

C層にいる人をB層に引き上げること。

 

C層というのは、

 

顔を知っているくらい、あるいは、少なくとも挨拶ができる以上のお付き合いにはなっていない人、

 

のことでした。

要は、このC層というのは、顔を知っているくらいの人のことですから、例えば、

 

深夜のコンビニのレジにいる眼鏡

だとか、

昼休みに公園のベンチにいるオレンジの髪

だとか、

そういう人でいいわけです。

このビジネスに使える人脈って、実は、「種」だけなら幾らでも転がっているものなんですね。

 

今、あなたと親しいかどうか、

今、あなたと関わりの深い人であるかどうか、

そんなことは関係ない。

 

ただし、この人たちは、あなたの誘いにいきなり乗ることはありません。

深夜のコンビニに立ち寄って、レジに直行して、そこにいる眼鏡の人に向かって、突然、

「夢はありますか?」

と言っても、確実に変な人だと思われるだけで終わる(笑)

最初は、何気ない会話でいいんです。

あなたから声をかけて、少しずつ、色んな人と会話の幅を増やしていく・・・。

 

あなたが日常で出会う様々な人は、単にただのすれ違うだけの人であっては、いつまで経っても、B層は増えていきません。

普段から、日常で、B層を広げることを意識したコミュニケーションを心がけること、積極的にC層に分け入ってC層の彼らをB層へと運んでくることが大切になってきます。

以上が、口コミの初歩的な極意。

口コミでやってみよう、という人は、ぜひ、活用してみてはいかがでしょう?

仮に、口コミが上手くいかなくても、その経験は、きっと無駄にならないはず。

オンライン上のビジネスの本質を深く理解する上でも、その経験はきっと役立つことでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です