MENU

 

MLM(ネットワークビジネス)は、いまやあなたが勧誘する必要はありません。

そして、MLM(ネットワークビジネス)は、もう、人脈の尽きないインターネット(オンライン)集客を活用しなければ既に成功は難しい時代になっています。

 

 

MLM(ネットワークビジネス)に悩みはつきものです。

 

勧誘しても誰も話を聞いてくれない。

友だちを誘って嫌われるのが嫌。

ダウンが増えない。

 

他にも色々とあるかもしれません。

ただし、そのほとんどは、勧誘についての悩みです。

勧誘のことで気が重くなってくると、他の色んなこともだんだんと深刻に考えてしまうものです。

 

そして、実は、今、あなたがここにたどり着いた、ということも偶然じゃありません。

 

何か上手くやるコツがあるんじゃないだろうか。

成功法があるんじゃないだろうか?

インターネット(オンライン)を使えばひょっとしたら・・・。

 

きっとそんなことを思ったのではないでしょうか?

 

そんな勘の鋭いあなたは、これからお伝えすることを知る準備のできている人です。

ここで紹介するのは、MLM(ネットワークビジネス)のちょっとしたコツとかの話ではありません。

あなたに最もふさわしい、この時代に最も効果的なインターネット(オンライン)を使った勧誘しない集客法についてこれからお伝えします。

 

勧誘しないMLM(ネットワークビジネス)集客法って?

 

 

この勧誘しない集客法は、あなたもよく知る口コミの勧誘でやっていくMLM(ネットワークビジネス)とは違います。

あの手この手でひとりひとりの人の関心を引いて回る、ということはしません。

MLM(ネットワークビジネス)に興味がない人を最初から相手にしないのです。

MLM(ネットワークビジネス)や権利収入(不労所得)に興味がある人だけをターゲットにして、インターネット(オンライン)上で広告戦略を展開することで、彼らをお客さんに(顧客化)していきます。

広告を見てやってきた人を相手にするので、相手が話を聞いてくれるかどうか、なんてことで悩むことがなくなり、これによって集客のスピードを上げることができます。

つまり、この集客法は、人を追いかけずに向こうからやって来るのを待つ、というやり方です。

 

最新のインターネット(オンライン)集客法

インターネット(オンライン)を使った集客法といっても、今は、製品の素晴らしさだったり、「いくら儲かるか」の話だったり、そうしたものを単純に画面上に並べたててコテコテのMLM(ネットワークビジネス)臭を漂わせて売りつけることで成功する時代ではありません。

このやり方は今でもたくさん見かけますが、ほとんど効果はないはずです。

 

インターネット(オンライン)集客の効果的なやり方は既に幾つかありますが、その中でも、今、最も安全、気楽で、最大の効果を発揮するやり方をこれから紹介します。

インターネット(オンライン)集客では、ホームページやLINE、インスタグラム、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブといった皆さんの身近にあるツールが大活躍します。

もちろん、好きなもの、使い慣れたものがあればそれを使えばいいのですが、これらはただ活用すればいい、というものではありません。

最新のインターネット(オンライン)集客では、こうしたツールは目的に沿った活用の仕方をしていきます。

その時に、まず、最初にたくさんの人が見落としてしまっているのが、リストビルディングです。

インターネット(オンライン)集客では、インターネット(オンライン)上にMLM(ネットワークビジネス)や権利収入(不労所得)に興味を持ってくれそうな人が関心を示すようなたくさんのコンテンツを発信していきます。

そして、あなたのダウンになりそうな人(見込み客)をステップを踏んで呼び込み、リストを作成していくこと(リストビルディング)が大切なんです。

このリスト上に存在する人々は、例えば、あなたが口コミで手当たり次第にリストアップする時の人脈リストとはまったくわけが違うことが想像できるでしょうか?

口コミのリストアップと違い、

 

この集客法で得たリスト上には既に「MLM(ネットワークビジネス)や権利収入(不労所得)に興味がある人」だけしかいない、

 

ということです。

そして、次に大切なこと。

それは、見込み客である彼らが満足するような情報を提示し、納得できるビジョンを示してあげることです。

これらのステップを上手に踏んでいくことで、まるで「ダウンが向こうからやってくる」ような感覚の顧客化が実現していきます。

今言ったことを簡単に図解すると下のようになります。

 

 

実は、これらの手法は、既に他のビジネスの実践の現場でも使われて高い効果を発揮しているもので、MLM(ネットワークビジネス)との相性がよいことから応用して活用できるのです。

大切なのは、ここで示した集客方法そのものが無条件にただちに役に立つわけではなく、トライアンドエラーの繰り返しの中で高い効果を発揮する「インターネット(オンライン)集客MLM(ネットワークビジネス)に純粋に特化したやり方」が生まれ、それらをマニュアル化し、システム化できる点です。

 

 

 

Q&A① : 自動集客システム、自動組織構築システムで成功する?

 

自動集客システム、自動組織構築システムという言葉は、筆者も昔は実践の現場で使ってきた言葉ですが、それそのものが高い効果を発揮するわけではありません。

インターネット(オンライン)集客MLM(ネットワークビジネス)は、マニュアル化されシステム化されることで集客から育成まで一から始めなくても何かとお任せができる、という点を単に強調した言葉です。

効果を発揮するかどうか、はコンテンツの質やノウハウの中身、環境にもよるでしょうが、ただし、それは従来型のMLM(ネットワークビジネス)の成功法やノウハウとはまったく違う点で注意が必要です。

これについては後述します。

 

Q&A② : 集客代行システムで成功する?

 

近年は専門家に集客代行を依頼する事業主が増えてきました。

もはや業種を問わず、ネットショップ的なノウハウを活用した顧客獲得の重要性が無視できなくなってきているのだと思います。

ただし、最新のインターネット(オンライン)集客MLM(ネットワークビジネス)においては、この集客代行は明らかにマイナスです。

MLM(ネットワークビジネス)の見込み客に特化したノウハウは、従来型のMLM(ネットワークビジネス)の専門家や集客代行の専門家でなく、インターネット(オンライン)集客MLM(ネットワークビジネス)の実践の現場で体感するのが一番です。

 

Q&A③ : 営業代行システムで成功する?

 

営業代行というのは、言うなれば、MLM(ネットワークビジネス)の流通の特徴をただそのまま指している言葉です。

要は、MLM(ネットワークビジネス)の会社(企業)に代わってあなたが製品やサービスの広告塔になって宣伝活動を行う、という仕組みのことを言っています。

これは、インターネット(オンライン)を使うアフィリエイトのような手法でも同じです。

アフィリエイトは、あなたが特定の会社(企業)に代わって広告をすることで、成果に応じて一定の報酬を得る仕組みになっています。

「自身のインターネット(オンライン)集客MLM(ネットワークビジネス)の中に、営業代行という特典が含まれているが、これは何か?」という質問だったのですが、筆者もたまたま質問者様と同じグループの現場を経験したことがありますのでこれははっきり言えますが、営業代行をさせられるのはあなたです。

活動の特典では原理的にあり得ませんので、もしそのような誤解を受けるきっかけが何かあったのであれば、よく主催者に意図を確認して、被害に合わないように気をつけて下さい。

大切になってくるのは、営業代行ではなく、まさにその営業の手間を極限にまで減らすインターネット(オンライン)集客上の工夫です。

 

Symphonia様の悪質な活動例と「集客代行業者の紹介」と称するサイトへの注意

ここでは、インターネット(オンライン)集客にまつわる度重なる問題の実例について、事実に基づき、以下のことを公表します。

 

Symphonia様に関連する悪質事例①

 

 

過去に、上記Symphonia関係者様のブログサイトにおいて、以下の事実が確認されました。

 

・当オープンキャンパス関連サイトが独自に作成した記事資料(画像)等を断りもなく後から丸ごとそのまま切り取って同種の目的の情報発信に複数使用していた

 

このようなことを度々されてはたまらず、迷惑であるため、Symphonia様のサイト上に掲載されているLINEでSymphonia責任者様に事実を伝え、問題個所の部分の撤去を求めました。

この件についての経緯は、以下のとおりです。

 

①Symphonia責任者様に問題の事実と改善のお願いを伝える

 

②しばらくして、なかなか改善が見られないので再度尋ねてみる

 

③再度対応にあたる旨の連絡が入る

(※その時のLINE上でのやり取りを以下に掲載します)

 

 

④以後、問題の一部を除き完全な改善が確認できないまま、その後の経緯についてはSymphonia責任者様から連絡はなし

 

⑤しばらくして、当該サイトは、URLを辿ると、既にサイトそのものが事実上撤去されていることが確認できた

 

まさかこうした単なるコピー作業がSymphonia様のサイト構築のノウハウの実態だとは想像したくないのですが、以上が事実の顛末です。

 

Symphonia様に関連する悪質事例②

以下の内容は、2021年1月15日(金)時点での事実に基づきます。

 

 

上記NET-MLM様のブログサイトの問題記事に記載のあるテキストの内容の全部を当方で確認後、保管してあります。

なお、当該サイトの管理者様は、本記事の冒頭で自身がSymphonia様の関係者である旨、公表しています。

さて、本記事は、「代行業者」というNET-MLM様の独自の概念をもとに、それに関わるとする3つの団体の比較を行い紹介する、という主旨で記載されており、その一部に「代行業者」の団体の1つであるとして当オープンキャンパスについての記載がありますが、内容が事実と著しく異なります。

本件の問題のポイントを以下に2点示します。

 

・正しい事実確認をせずに事実と異なる内容の記事を掲載している

 

・記載個所の撤去を求めているにも関わらず、責任者から事実を確認する等の責任ある返事が何も返ってこない

 

以下、それぞれについて、要点を示します。

 

正しい事実確認をせずに事実と異なる内容の記事を掲載している

まず、当オープンキャンパスのサービスの主たる理念は、こちらでも紹介しているとおり、およそ連鎖販売取引の活動に悩む多くの人に対し、活動に具体的に生かせる無料の学習と実践の経験の機会を用意し、それぞれの人の事情や目的に沿った形で具体案を提案しチャンスを掴むことを応援することです。

オープンキャンパス受講生(LINEに登録された方のことを指す)の活躍を広く願ってはいるものの、趣旨に賛同されない方、興味のない方、意欲のない方に無理に情報や提案を押し付けたり、しつこく案内を配信したりすることも、一切しません。

このシステムを取る背景には、ひとえに、過去にインターネット(オンライン)を活用した活動の実践やコミュニケーションの現場において悪質なトラブルや意思疎通の齟齬が生じやすいことを実際に知り体験した者たちが多く結集した事情が原点としてあります。

このことを踏まえた上で、理念の性質上、受講生のオープンキャンパスの活用の実例は、各人の目的やスキル、意欲に応じ多岐に渡るのが事実です。

受講生の中には、オープンキャンパスの環境を生かしITに付随するツールやシステムを最大限便利に有効活用して活躍する方もいらっしゃいますが、そこに、NET-MLM様の記事の記載にあるような、画一的な作業例による受講生のスキルの向上の機会に妨げをもたらすようなビジネスモデルなど存在しません。

また、先述のとおり、受講生は、その事情や目的に応じてオープンキャンパスとの関わり方も様々で、必ずしも誰もがオープンキャンパスの団体の活動の全体を知る立場にあるわけでないことも、申し添えておきます。

要は、想像だけででたらめを記載してオープンキャンパスを紹介されても迷惑だ、ということをお伝えしているわけです。

 

記載個所の撤去を求めているにも関わらず、責任者から事実を確認する等の責任ある返事が何も返ってこない

以下、事実に基づき、これまでの経緯を記します。

 

①2021年1月11日(月)深夜、問題サイトのリンク先のSymphoniaLINE公式アカウントで問題記載個所の撤去のお願いを提出、翌日午前中に「既読マーク」発生、以後、応答なし

 

②2021年1月12日(火)、問題サイトの連絡先宛に同お願いを提出、ブログ管理者(Symphonia関係者)様より応答なし

 

③2021年1月12日(火)、問題サイトに掲載されているTwitterのチャットで同お願いを提出、ブログ管理者(Symphonia関係者)様より応答なし

 

④2021年1月15日(金)深夜、ブログ管理者(Symphonia関係者)様は文面の提出に気づいていないのか、既に活動をしていないのか不明であったが、問題サイトに掲載されているTwitterの投稿の一部に同お願いを添付、同時に本件の問題をまとめた本記事のURLを添付、改善があるまでSNSで拡散するなど注意喚起

 

以下に、提出した文面の一例を掲載します。

 

NET-MLM様

ビジネスの無料情報提供活動を主に展開するオープンキャンパス主宰の外町真と申します。

NET-MLM様の当該記事について、私どもの団体のことについて記載があることを確認していますが、内容が著しく事実と異なります。

「オープンキャンパスについて記載の部分についてはすべて」速やかに撤去していただくよう、お願い申し上げます。

また、NET-MLM様は、おそらくSymphonia様関連のサイトだと思われますが、過去にも、同種のサイトで画像等の当方のオリジナルの作成資料を複数無断使用していた際に、Symphoniaの責任者様に忠告の後、お詫びをいただき、撤去していただいた経緯もございます。

願わくば、今後、私どもの活動に対して固有名詞を用いて事実と異なる情報を発信する、その他の一切の迷惑行為について、お控えいただきますよう、よろしくお願いします。

対象記事URL
https://internet-mlm.com/archive/1258

オープンキャンパス主宰

外町真

 

連鎖販売取引が話題になるシーンではトラブルが発生しやすいのが常で、健全な活動がつい損なわれがちです。

本件では、少なくとも提出した文面のうちの一件については、読んだ形跡があるにも関わらず、いまだ応答すらない状態です。

Symphonia様におかれては、本件の趣旨をよくご理解いただき誠実に対応して下さることを求めることはもちろんですが、まずは、「読んだら返す」、「事実確認を行う旨こちらに伝える」など、常識的な反応が発生することを期待します。

今後、本件について動きがあった場合は、こちらに追記していきます。

 

※2021年3月1日(月)時点でSymphonia様より返答なし、改善なし。

 

  • ※2021年3月5日(金)14時過ぎ、SymphoniaLINE公式アカウントにSymphonia責任者様から本件についてのお詫びと問題サイトの該当記事の撤去等の改善を行った旨の連絡あり、その後、問題が改善されていることを確認済み、現在、本件の問題は解消しています。

 

インターネット(オンライン)集客MLM(ネットワークビジネス)の7つのメリット

MLM(ネットワークビジネス)の勧誘のことで悩む人にとって、このインターネット(オンライン)を利用する集客法の最大のメリットは、何と言っても、口コミと違って人脈が尽きない、ということです。

勧誘しない集客法のメリットは、他にもまだ幾つかありますので、あげてみましょう。

 

7つのメリット

1. 人脈が尽きない

2. 友だちや知人を誘うことがないので、人間関係の支障がない

3. 勧誘しないので、いちいち断られて落ち込むことがない

4. ノウハウがシステム化されていて、人の資質や能力を問わない

5. 好きな時間、空いた時間に活動できる

6. セミナーやABC、お茶会などに伴う移動時間、交通費、交際費が存在しない

7. 集客のシステムは、自分が休んでいる間も働いてくれる

 

さらに・・・

MLM(ネットワークビジネス)の現実を考えた時にこの集客方法はとても理にかなっている、ということも言えるのです。

では、この点について、今から見ていきましょう。

 

MLM(ネットワークビジネス)を取り巻く厳しい現実って?

MLM(ネットワークビジネス)は、時代を経るにつれ、どんどん人を誘いにくくなってきています。

現代の勧誘活動が抱える厳しい現実の代表的な3つの例をあげておきます。

 

【 現実1 】よくない評判が定着し過ぎている

例えば、マルチ商法という言葉を聞いた時、どんなイメージを持ちますか?

あまりいいイメージを持たないのではないでしょうか?

このマルチ商法というのは、もともとはMLM(ネットワークビジネス)と同じ意味で使われている言葉で、決して違法な取引のことを言っているのではないのですが、今、多くの人は、この言葉を聞くとまるで悪徳商法の別名みたいな印象を持ってしまいます。

それだけ、このマルチ商法を使って行儀のよくない勧誘をする人が世の中に少なくなく、取引で被害が多発しているため、口コミの勧誘はイメージが地に落ちてしまっています。

もうひとつ、法律の規制が厳しくなっていることもあげられます。

こうした無理な勧誘を厳しく取り締まるための規制が年々厳しくなってきているのです。

もちろん、誠意のある取引が行われる分には今も何の問題もないのですが、一方で、勧誘をするための条件はとても厳しく設定されていて、取引の成立までの難度が上がっていることも事実です。

単に「ねずみ講とは違う」などの説明だけでは済まない時代になってきている、ということです。

MLM(ネットワークビジネス)やマルチ商法といった言葉の使われ方や勧誘の時に気をつけるべきことについては、以下の記事で詳しく説明していますので、よかったら、参考にして下さい。

 

 

【 現実2 】安価で良質な製品やサービスが溢れ、手軽に手に入る

今は、「いい化粧品だから」、あるいは、「家庭用電力や携帯電話などの生活必需品だから」、といった理由でわざわざMLM(ネットワークビジネス)をやる人が少ないのです。

二十一世紀になり、物やサービスが巷に溢れ、今は、「こんなものがあったらいいな」のニーズがひととおり満たされてしまっています。

あまつさえ、インターネット(オンライン)のAmazonや楽天で簡単に買い物ができてしまう時代。

高価な品、質の高い品、海外の品も、家庭で手軽に手に入るようになりました。

携帯電話のキャリアなどの日常の身近なサービスも選択肢で溢れています。

情報は何でも探せばすぐに見つかります。

サービスがいいのはもはや当たり前で、少しばかり品質のいい品物だから、珍しい品物だからというだけの理由でわざわざ手続きの面倒くさいマルチ商法を通してまで買い物をしよう、とはなかなかなりにくいのが現実です。

 

【 現実3 】会社(企業)の数が多くなり過ぎている

試しに、近くの〇〇会館や〇〇センターのような公共施設に行って催し物の案内の掲示板を毎日眺めてみるとすぐにわかるのですが、全国各地のこうした会場では、連日のようにMLM(ネットワークビジネス)のセミナーや勉強会と称する集まりが開かれています。

大きな会場には、たくさんの人が詰めかけます。

そして、単にMLM(ネットワークビジネス)をやっているというだけの人なら、そこに集まる人の何倍もの数がいます。

始めの頃は数社しかなかったMLM(ネットワークビジネス)の会社(企業)も、今は国内だけで数千社あるとも言われています。

MLM(ネットワークビジネス)、マルチ商法、という取引の存在も誰もが知るところとなっていて、何やら珍しい話だから聴いてみるか、というノリの人はもうこの時代にはいません。

 

だんだんと現実が見えてきたでしょうか?

かつて、二十世紀には、流行に乗って巨大化していくMLM(ネットワークビジネス)の会社(企業)が幾つも現れました。

口コミの勧誘も、この頃は、まだ、今よりずっとやりやすかったのです。

現在もMLM(ネットワークビジネス)は大きな市場規模を維持していますが、一方で、アムウェイ(Amway)のような傑出した大手が今後また現れる可能性はゼロ、とまで言われています。

それだけ、MLM(ネットワークビジネス)の世間での勧誘活動のハードルは上がっている、ということです。

それは、同時に、従来型のMLM(ネットワークビジネス)が伝える経験論や成功法がいよいよ通用しなくなってきている、ということも意味します。

 

従来型のMLM(ネットワークビジネス)との違い

さて、こうした現実を見てみると、MLM(ネットワークビジネス)はそろそろ時代遅れなんじゃないか、という気がしてきますが、実際のところは、逆なんです。

この数字をご覧下さい。

これは、今ご覧になっているWebサイトの「ある記事」の一日(24時間)の訪問者についてのデータの一週間の平均値です。

 

一日(24時間)で訪問があった回数の合計 422.7回

一日(24時間)で訪問した人の数の合計 357.0人

訪問時に読んだ時間の平均 6分49秒

 

このデータは、Webサイト全体のものではありません。

たくさんあるMLM(ネットワークビジネス)の専門の記事のうちのあるたったひとつを読んでいった人の足跡です。

たったひとつの記事のことだけでも、MLM(ネットワークビジネス)の話題に関心を持ち色々と調べている人はこれだけいる、ということがわかります。

そして、彼らが検索で使ったキーワードを調査すると、多くの場合、MLM(ネットワークビジネス)に興味はあるものの、やり方を知らないか、あるいは、行き詰って悶々と悩んでいるか、どちらかであるということがとてもよくわかるんです。

このような彼らは、はたして世の中の珍しい人なのでしょうか?

いいえ、違います。

実に多くの人が、人生の変え方やMLM(ネットワークビジネス)の権利収入(不労所得)のことに興味を持ちながらも、やり方がわからず、成功の手掛かりを探しながらインターネット(オンライン)上を彷徨っています。

勧誘しない集客法では、主にこんな人たちに成功のチャンスを提案します。

MLM(ネットワークビジネス)にも権利収入(不労所得)にも興味のない人は世の中にたくさんいます。

でも、一方で、それらに興味を持ち既に具体的な行動の一歩を踏み出して情報を集めている人たちもまたたくさんいるのです。

あなたの身近にもこんな人がきっとたくさんいるはずなんです。

でも、それをどうやって探しましょう?

自分の身近に実はたくさんいるはずの彼らを近所を歩いて探し回るのもいいでしょう。

でも、それよりも、インターネット(オンライン)を使って生活圏を大きく飛び出して、あなたが伝えたいことを広告で呼びかけて、向こうから誰かがやってくるのを待つ方がずっと効率がいい、という気がしませんか?

世間では、MLM(ネットワークビジネス)の一握りの成功者や、あるいは、かつてキャリアを重ねた人のやり方が、成功法という呼び方でよく取り上げられます。

ここで伝えることは、そうした成功法の類とは意味が異なります。

つまり、勧誘しない集客法というのは、従来型のMLM(ネットワークビジネス)の成功法の一種のことを言っているのではなく、インターネット(オンライン)を使ったまったく新しい発想の戦略であり、人との接触の仕方がまるで違うのです。

新しいMLM(ネットワークビジネス)の集客で問われるのは、勧誘について回る個人の能力ではありません。

主に、集客をやるコミュニティーごとのコンセプトやブランディングの説得力、マーケティングのノウハウなどが鍵を握ります。

いずれにせよ、先にあげた7つのメリットからもわかるように、インターネット(オンライン)を使った集客は、口コミに比べて活動のハードルがきわめて低く、お勧めのしやすさという意味でも、インターネット(オンライン)上を彷徨う多くの人の需要との相性がとてもいい、ということが言えます。

 

従来型のMLM(ネットワークビジネス)でキャリアを重ねた成功者がこのインターネット(オンライン)集客をすることは、まずありません。

考えればすぐにわかりますが、既に大きく成功していて、やる必要がないからです。

筆者の知るトップリーダーにもインターネット(オンライン)集客をやっている人はいません。

ほとんどの人はこのような集客法の存在をまだ詳しくは知らないのです。

でも、今から成功したいという人の中には、彼らの精神論やセオリーに学び、実際に勧誘をやってみてくじけた人も多いはずです。

それは、ごく自然なことです。

だって、一握りの彼らと大多数の人とではスタート地点の人脈的な境遇も人間的なパワーも違って当然なのだから。

そして、何より、時代が違いました。

口コミの勧誘の腕を磨いて、これからもいばらの道を歩むのか?

新しい時代の勧誘しない集客を取り入れてやっていくのか?

今、大多数の人にとってどのようなスタンスで挑むのが圧倒的に有利になってきているか、は明白です。

 

 

ここまで、勧誘しないインターネット(オンライン)集客MLM(ネットワークビジネス)のことについてお伝えしてきました。

実は、欠かせないこと、考えないといけないことは他にもあります。

それは、主に、会社(企業)や環境を選ぶ際の注意点です。

 

成功しやすい会社(企業)って?

MLM(ネットワークビジネス)の会社(企業)選びのことや稼ぎ方のコツについて興味がある人は、よかったら、以下の記事を参考にして下さい。

 

 

ここでは詳しく触れませんが、例えば、「今話題のMLM(ネットワークビジネス)だから」、「珍しい製品やサービスだから」、「大きく儲かりそうな報酬プランだから」、といった感覚で選ばないことです。

まるでグルメ街を歩く時のように、何となく美味しそうな匂いがするからといって会社(企業)を選んでしまうと、集客の時点で痛い目にあうことがほとんどのはずです。

人を誘いやすい、という観点で現実的に集客のことを考えていくことが大切です。

MLM(ネットワークビジネス)を取り巻く現実を考えるなら、ほとんどの人にとって先にあげた客筋のターゲットをしっかりと意識した会社(企業)選びが断然有利になることは、間違いありません。

特に、今からMLM(ネットワークビジネス)を始める人は、ぜひ、慎重に会社(企業)選びをすることをお勧めしておきます。

ここでは、さらに、この記事に関連して、ひとつだけ大切なことをお伝えしておきます。

MLM(ネットワークビジネス)の会社(企業)は、ほとんどの場合、人と人とが実際に会って対面で勧誘することをコンプライアンスで義務づけています。

このような会社(企業)は、インターネット(オンライン)集客でのリクルート活動そのものを認めてくれていません。

規約に違反したリクルート活動をすると、除名処分などの重いペナルティーを受けることにもなる上、会社(企業)にも迷惑をかけかねませんので、この点は気をつけて下さい。

昨今、インターネット(オンライン)やSNSを使ったコミュニケーションの重要性が無視できなくなってきているため、大手を含め、インターネット(オンライン)集客でのリクルート活動への規制が少しずつ緩和される動きが出てきています。

業界においてこの傾向は今後ますます広がっていくことは間違いなく、先々は販売手法の見直しなども含め、インターネット(オンライン)集客マーケティングは時代の主流になっていくはずです。

今はちょうど、インターネット(オンライン)集客MLM(ネットワークビジネス)の黎明期と言っていいでしょう

 

インターネット(オンライン)集客のしやすい環境って?

勧誘しないインターネット(オンライン)集客法は、正しくやれば手堅く成果をあげやすいのは確かです。

ただし、それは、正しくやれば、の話です。

インターネット(オンライン)集客のできるMLM(ネットワークビジネス)の環境があればそれに越したことはありませんが、インターネット(オンライン)集客と一口に言っても、実態は、単純に活動の舞台をインターネット(オンライン)上に移し変えて従来型のネットワークビジネス(MLM)の真似事をやるイメージとは大分違います。

 

例えば、インターネット(オンライン)を使ってSNSで何百人、何千人の人とお友だちになることができればそれに越したことはありませんが、そのこと自体を頑張ったり、あるいは、インターネット(オンライン)上で知り合った彼らとの話術やコピペの会話のテクニックに励んだり、そのようにしてSNS上を走り回る姿はまるで口コミ活動とさほど変わりません。

従来型のMLM(ネットワークビジネス)の経験や育成キャリアの価値観を押し通すとこうしたことになりがちで、これでは、前とさほど「ぶつかる壁の質」が変わってこないのです。

あまり無理なことをさせると、ガッツや根性のあるダウンが辛うじて生き残る影で、多数派のたくさんの人は振るい落とされて、脱落していきます。

筆者は、実際に、ごく一部の現場で、その様子を見てきました。

これは、インターネット(オンライン)集客のノウハウとは言いませんので、気をつけましょう。

インターネット(オンライン)集客ならではの環境では、あなたが頼りにするグループの発信するコンセプトやコンテンツ、ブランディングが大切になってきます。

あなたが安心して惹かれる環境が見つかれば、それこそが、成功しやすい何よりのサインかもしれません。

従来型のMLM(ネットワークビジネス)を知る人ほど、こうした部分の頭の切り替えは必要になってきます。

 

インターネット(オンライン)集客を身につけても、MLM(ネットワークビジネス)は、一度グループに入ると外の世界の価値観や雰囲気も知りにくくなります。

また、通常は、簡単にグループは変えられないものです。

インターネット(オンライン)集客への理解の深い環境選びは、大切になってきます。

また、インターネット(オンライン)集客そのものを学ぶ際も、学習環境や人、雰囲気に実際に触れてみて自分の肌に合うかどうか、と成功法やノウハウの話とはまた別物です。

後で後悔しないためにも、こうした様々なことをきちんと納得してからビジネスに取り組むことを許してくれる環境を選ぶことができれば安心です。

あなたに親身になってくれそうな環境かどうか、費用の面で苦労しない環境かどうか、成功法の押しつけでうんざりしない環境かどうか、それらもしっかりと確認しておきましょう。

 

まとめ~ごく普通の人が成功する新しい時代のやり方~

筆者は、かつて、インターネット(オンライン)上の集客の実践の現場を通して他のグループの経験者との交流の場にも加わり、忌憚のない意見交換、情報交換の機会も幾らか得ました。

今では、インターネット(オンライン)集客の生きたノウハウ、死んだノウハウの手応えのほとんどすべてを知っています。

最初は特に人に自慢のできる特技もなくパソコンのスキルも持たない私でしたが、現在は、このようなサイトも、チームワークのもとに、インターネット(オンライン)上での活動の一環として運営させてもらうに至っています。

私の知り得る限り、このインターネット(オンライン)集客MLM(ネットワークビジネス)の手法には、グループごとに大まかに幾つかのユニークなパターンと共通のやり方とがあります。

今のビジネスシーンは、LINEが重要な鍵を握っており、一昔前に流行ったメールマガジンが情報発信の手段としては割と影を潜めています。

最近は、LINEを有効活用するマーケティング手法そのものをビジネスのコンテンツにしている会社(企業)や個人の広告を見かけるほどになりました。

ただし、この辺りは日進月歩の世界でもあり、明日はまた何が流行るか、は知る由もありません。

 

一般に、MLM(ネットワークビジネス)は、単に、自分にはできないと思い込んでしまう、心理的な不安や無力感に飲み込まれて自滅していってしまう、というケースがかなり多い気がします。

相当大きなチャンスがある、という肝心の部分の方は、心理的な死角に入ってなかなか気づきにくいわけです。

そういう意味でも、多方面でスキルや経験を持つリーダーたちを抱える集団の中でしっかりとサポートされ、個々はその中で生かされてやっていく、もはや、やらない理由がない、というところまでビジネス活動のハードルを落としてもらう環境が新しい時代に相応しいはずです。

「現代っ子」や「現代の普通の人」のためのビジネスをやるためには、彼らにそのビジネスの優位性をわかりやすく納得させ、ひとりひとりを最も取り組みやすい環境で支えるインターネット(オンライン)上ならではの繊細な心理的配慮や連帯感の共有が不可欠だと思います。

ぜひ、勧誘しない新しい時代のインターネット(オンライン)集客MLM(ネットワークビジネス)でチャンスをつかんで下さい。

 

ここで伝えたことは、

お金もあまりない、

時間もあまりない、

大した人脈などない、

特別な才能などない、

ほとんど知識もない、

ほとんど経験もない、

人並み以上の根気や精神力もない、

そんな「ごく普通の人がチャンスをつかむ物語」です。

いかがだったでしょう?

 

私たちは、

このMLM(ネットワークビジネス)というまさに「人を資産にする」方法こそが、この世で最も手堅くて安定してシンプルで手っ取り早い権利収入(不労所得)の稼ぎ方であり、最も理にかなった筋のよい幸せのつかみ方のひとつである、

ということをあなたに向かって提案し続けていきます。

 

ここまでお読み下さってありがとうございます。