MENU

集客の手段を持つこと

ネットワークビジネスの何十年の育成経験を押し通しても組織構築ができないのがオンラインの現実。オンラインは、既にノウハウの手の内の知り尽くされた世界。まずは、集客の手段を幅広く知って自分に合ったやり方を見つけることが大切。

お金をかけないこと

講座(セミナー)の参加やノウハウの提供などの理由で会費を取ったり特定の費用の負担を要求したりするようなリスクの高いチーム(グループ)を選ばないことが重要。また、なるべくコストのかからない企業やプランを選ぶことも大切。

楽な目標を選ぶこと

活動をはじめてなるべく早いうちに手堅く稼ぎの軌道に乗ることが大切で、それを可能にする企業を選ぶこと、そして、ひとり当たりの集客の労力を最小限に抑えるやり方で取り組むことが不可欠。

 

 

すべては「稼ぎやすさ」のために

 

オンライン(インターネット)上で展開するネットワークビジネスMLM)は、いまや、決して珍しい手法ではありません。

ただし、まだまだ比較的新しい部類に入るものであることは間違いないでしょう。

これを私がはじめて知った時は、なかなか夢と可能性を感じたものです。

 

その後、オンライン(インターネット)上の集客の実践の現場を通して他チーム(グループ)の経験者との交流の場も生じ、忌憚のない意見交換、情報交換の機会も幾らか得ました。

 

特に人に自慢のできる特技もなくパソコンのスキルも持たない私でしたが、現在は、このようなサイトも、チームワークのもとに、オンライン(インターネット)上での活動の一環として運営するに至っています。

 

私の知り得る限り、このオンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLMの手法には、チーム(グループ)ごとに大まかに幾つかのユニークなパターンと共通のやり方とがあるようです。

一昔前に流行ったメールマガジンが情報発信の手段としては割と影を潜め、今はLINEが主流になっているように、この辺りは日進月歩の世界でもあります。

 

一方で、ノウハウを提供する側と受け取る側(通常はリーダーと新規のダウン)との間には、実践の中身のイメージの食い違いがしばしば生じて、これがトラブルの原因になります。

 

特に、オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLMの経験者から最も多く聞くのが次の意見です。

 

「何もしなくても自動集客できると思っていたのに・・・」

 

ここは、きわめて誤解の生じやすい部分です。

実は、私自身が、最初にややそのような誤解をしてこの世界に首を突っ込んだ苦い経緯があります。

 

この辺りの理解の共有がスムーズにいくように気を配ること、

 

親身に説明を尽くすこと、

 

そうした意思疎通の重要性の比重はきわめて大きく、その後のダウンの成功へのモチベーションを左右する肝心な鍵を握ることも実感しています。

 

それでも、結論として私が実感するのは、

幅広い層の人がより高い確率で稼ぐチャンスを掴む可能性を秘めている、という点において、

 

やり方さえ間違わなければ、やはり、

 

オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)は従来のネットワークビジネス(MLMを凌駕している、

 

ということです。

それは、

 

マーケティングの射程範囲の広さ、セミナーの参加などの移動にかかる手間を見るだけでも歴然です。

 

後は、「稼ぐ」という言葉の捉え方の問題があります。

はじめに、ここで、「稼ぐ」というのは、以下のような意味であると断っておきます。

 

お金もあまりない、

 

時間もあまりない、

 

大した人脈などない、

 

特別な才能などない、

 

ほとんど知識もない、

 

ほとんど経験もない、

 

人並み以上の根気や精神力もない、

 

そのような「大多数のごく一般的な人(普通の人)」が労働の日々から解放されてゆとりある豊かな暮らしを手にすること、

 

つまり、普通の人が権利収入(不労所得)を得る、ということです。

 

これから、

ネットワークビジネス(MLM)で

 

初心者が稼ぐ、

 

副業で稼ぐ、

 

しかも、本気(マジ)で稼ぎにいく、

 

そのための現実的で最も手堅いと言って間違いないであろう道のひとつを提案していきます。

 

よく読んで、ぜひ、参考になさって下さい。

 

 

ネットワークビジネス(MLMのベテランの教育・育成経験がまったく通用していない現実

 

これから具体的に提案するネットワークビジネス(MLMは、オンライン(インターネット)上で展開するネットワークビジネス(MLMです。

 

ビジネスをやる以上、いまや、オンライン(インターネット)上を活動の拠点として使わない手はない、ということだけはほとんど断言しておきたいところです。

 

その点、ネットワークビジネス(MLM)も例外ではありません。

Googleで検索すれば、このオンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLMも、いまやそんなに珍しいビジネスではなくなってきている、ということは明らかです。

 

一方、

 

一般のネットワークビジネス(MLMとオンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLMの両方を既に実際に経験してきた、

 

という人もたくさんいます。

そうしたたくさんの人の生の体験談や鋭い反省意見の声に接してみると、このビジネスは、

 

単純に活動の舞台をオンライン(インターネット)上に移し変えて従来型のネットワークビジネス(MLMを押し通すだけでは以前とさほど「ぶつかる壁の質」が変わってこない、

 

という傾向も実際にわかってきています。

 

依然として普通の人にとって敷居が高いいわゆる従来型のネットワークビジネス(MLMをオンライン(インターネット)上でやり直してみても仕方がありません。

 

一般のネットワークビジネス(MLMの教育や育成経験 × オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)のノウハウ

 

で単純に押し通していくモデルでは、なかなか普通の人が成功の軌道に乗るにはまだ幾らか壁が高そうです。

 

問題は何か?トラップのほとんどは心理的なもの

 

そもそも、なぜ、ネットワークビジネス(MLMで上手くいかない人は多いのでしょうか?

 

ここは大切です。

 

中には、ビジネスのプランそのものが難しい要求を突きつけている、というケースもあるにはありますが、どちらかというと、多くの人にとってその理由は別にあるようです。

それは、突き詰めるなら、

 

続けることを諦めて挫折してしまう主に心理的な要因が他のビジネスより身近にたくさん潜んでいる、

 

という点です。

以下は、「ネットワークビジネス(MLMを途中で諦めた理由」について、可能な限り聞き込みをして得た回答のうち、主なものです。

 

理由1
思っていた以上に人集めに苦労する(個人の資質やスキルが求められる場面が多い気がする)。

理由2
思っていた以上に金銭的な負担が大きい。

理由3
収入が一気に増えないとだんだんとこのビジネスでやっていくのが無理な気がしてくる。

理由4
従来型のネットワークビジネスの経験談や精神論を聞かされるだけではなかなか学びが先に進んでいる気がしない。

理由5
日常の生活や仕事に追われているうちに、だんだんとビジネスをやっているという実感が薄れていってしまう。

 

だいたい以上のような内容が上位の5件でした。

これを読む中には、共感する人も多いはずです。

しかも、面白いことに、これらは、一般のネットワークビジネス(MLMの経験者だけでなく、オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM

の経験者からもだいたい共通して得られた回答内容です。

一般に、ネットワークビジネス(MLMは、すぐに大きな収入になったり、簡単に上手くいったりはしません。

少なくとも、ある程度長い先を見て、根気強くやっていく必要があります。

本来、そういうものなのです。

 

ただし、先の回答内容を見る限り、どうやら問題をたったひとつに絞ることができそうです。

 

それは、

 

一般のネットワークビジネス(MLMであろうが、オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLMであろうが、つまづくポイントに限っては昔からまったく変わっていない、

 

ということ。

 

オンライン(インターネット)だから、やることをやれば、それなりに人は集まる。

しかも、そこに集まるのは、権利収入(不労所得)という明確な目的を持った人です。

 

にもかかわらず、やっているひとりひとりは、必ずしもオンライン(インターネット)上で従来型のネットワークビジネス(MLMと違う何かに取り組んでいるような実感を得られない。

こうしたデータからわかるのは、結局、多くの場合、

 

単に、自分にはできないと思い込んでしまう、

心理的な不安や無力感に飲み込まれて自滅していってしまうケースがかなり多い、

 

ということ。

 

相当大きなチャンスがある、という肝心の部分の方は、心理的な死角に入ってなかなか気づきにくいわけです。

 

実は、これは、当然のことだとも言えます。

なぜなら、ネットワークビジネス(MLMの育成経験だけで大多数のごく一般的な人(普通の人)の多くがしぶとくやれるのなら、もはや、わざわざオンライン(インターネット)を使って同じビジネスをやる理屈はないからです。

 

本来、ほとんどのネットワークビジネス(MLM)の現場は、大多数のごく一般的な人(普通の人)向けにはなりにくいのです。

 

オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)

その言葉に魅力を感じて集まる「現代の普通の人」は何を期待して集まるのか?

彼らはどのような経験を背景にそこに集まるのか?

 

「現代の普通の人」のためのビジネスをやるためには、彼らにそのビジネスの優位性をわかりやすく納得させ、ひとりひとりを最も取り組みやすい環境で支えるオンライン(インターネット)上ならではの繊細な心理的配慮や連帯感の共有が不可欠です。

 

 

そのためにも、

 

オンライン(インターネット)上ならではのやり方で、先にあげたような心理的な自滅のトラップをほとんど完全に排除してしまうこと、

 

もはや、やらない理由がない、というところまでビジネス活動のハードルを落とすことが大切です。

 

まずは、オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)のことをよく理解して、自分に合った集客方法があるかどうかを見極めよう!

 

ネットワークビジネス(MLM)の集客方法は、次の二種類に分けると、本質がとても理解しやすいです。

 

①ビジネスに興味がある人を探す。

 

 ②ビジネスに興味がある人を惹きつける。

 

これまでのネットワークビジネス(MLM)のやり方はほとんど①だけでした。

 

ところが、オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)はそこに②の要素が加わってきます。

 

オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)を紹介する巷の記事や広告は、ほとんどこの②の要素の素晴らしさを大きく宣伝しているはずです。

実際に、②の魅力が高いことから、オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)に参入する人が最近では多くなってきました。

 

オンライン(インターネット)上では、ホームページやブログ、動画の他、LINEやFacebook、Twitterなど、様々なメディアを用いることが可能です。

ネットビジネスに特有のアフィリエイトの手法もオンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)であれば有効に利用できます。

これらを幾つも組み合わせることで、②の性質を強く持った集客が展開していきます。

 

いずれにせよ、オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)では、こうしたメディアの活用についてはさほど専門的なレベルの技術や知識は必要ありません。

また、使い道も既にほとんどが定跡化しています。

もったいぶるような特別なカラクリや魔法などは何ひとつありません。

 

オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)を始めるなら、ぜひ、これらの集客手法の中身や実例をしっかりとつかんで、現実を知った上で、自分にできるかどうか、を判断し、納得してからの方がいいです。

 

 

Point!

・まずは、オンラインの実情とノウハウの中身をしっかりと知ること。

・お金をかけてビジネスを始めるのは、中身をよく知って納得してからでOK!

 

リスクの高いチーム(グループ)やサポート体制(集客システム体制)を見極めよう!

 

一例として、集客に有効なブログを誰でも書けるか、というと、意外とハードルが高いものです。

 

「ブログを書いてみよう、と思ったけど、やってみたら意外と大変!」

 

そのように感じる人は、その人に合った別のやり方、別の可能性について一緒に親身になって相談にのってくれたりフォローしてくれたりするような環境や体制がどうしても必要になってきます。

新規の参入者に対してノウハウの資料の提供だけで済ませたりするのはもっての他で、むしろ、メンバーの全員が共通して閲覧するノウハウの資料や会員専用サイトなどは実践の現場では不必要なくらいです。

 

また、「集客活動はまずじっくりと学んでから」という姿勢はとてもいいことなのですが、例えば、ネットワークビジネス(MLM)の20年、30年の育成経験を持つベテランやネットビジネスの熟練者がなかなかオンライン(インターネット)上で思うように組織構築ができないのがオンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)の現実です。

すぐにビジネスを始めると、場合によっては、何もよくわからないまま買い物だけをさせられ続けるケースにもなりやすいのです。

 

したがって、オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)についてまだ何もわからないうちから

 

セミナーの参加や情報提供の条件として

 

特定の製品やサービスの購入を求めたり会費を取ったりするようなチーム(グループ)やサポート体制(集客システム体制)に身を置くことは

 

かなりリスクが高い

 

と言えます。

やめておいた方が無難であるということです。

 

この辺りのことについては、ビジネスを始める前にオンライン(インターネット)上のガイダンスなどで主催者やリーダーから費用の負担についての内部条件を確認できるケースがほとんどのはずなので、よく注意して確かめてみるといいと思います。

 

Point!

・オンライン上のガイダンスの場で、その組織の費用の負担の内部条件についてはしっかりと確認しておくこと。

・くれぐれも、「今がチャンスです!」や「時間との戦いです!」などの言葉に惑わされないように。

 

稼ぎやすいオンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)とは?

 

具体的なビジネスのやり方でポイントになってくるのは、次のふたつです。

 

可能な限り小さい金銭的負担で活動すること

 

可能な限り楽に達成できる目標を選ぶこと

 

これは、平たく言えば、ほとんどノーリスクと言っていい条件で、しかも、できるだけ楽なゴールを目指す、ということです。

必ず、その必要がある、ということ。

 

では、このふたつの条件について、それぞれ具体的に見ていきます。

 

ずばり、可能な限り小さい金銭的負担とは?

 

普通の人がネットワークビジネス(MLM)で稼ぐためには、ビジネスへの参加条件(報酬の獲得条件)が大きな金銭的負担を要求しないものであることは大切です。

 

具体的に言うと、

まず、ひとつには、

 

ネットワークビジネス(MLM)の企業の採用するビジネスプランが・・・

 

買い込みをさせない(在庫を抱えない)ものであること

 

事実上、製品やサービスの小さい購入費用でビジネスを続けられること

 

できれば、それ以外の初回登録料、年会費、その他が不要なものであること

 

こうしたことが望ましいです。

 

そして、もうひとつ。

 

ネットワークビジネス(MLM)に取り組むチーム(グループ)が・・・

 

ノウハウやセミナーの提供に対して個々のメンバーにいかなる費用の負担も一切要求しないこと

 

個々のメンバーに報酬条件を超える費用の負担を勧めないこと

 

少なくともこれが最低条件です。

 

可能な限り小さい金銭的負担でネットワークビジネス(MLM)をやる、ということは、以上の条件の範囲内でやる、ということです。

これによって、多くの人にとってお金のことでスタミナの切れない、息の長いビジネス活動が実現しやすくなります。

 

ずばり、可能な限り楽に達成できる目標とは?

 

幾らノーリスクであることが大切であるからといって、ビジネスをやる以上は、稼ぐ見込みまで小さかったり気の遠くなるような話であったりするのでは、無意味です。

したがって、まずは、次のことをよく分析して、きわめて条件のいいネットワークビジネス(MLM)の企業を慎重に選ばなければなりません。

それは、

 

ネットワークビジネス(MLM)の企業の採用する報酬プランです。

 

具体的には、

 

なるべく活動をはじめて早いうちに少しでも収入が入りやすい報酬プラン

 

なるべく活動をはじめて早いうちに稼ぎの軌道に乗りやすい報酬プラン

 

これを実現できる報酬プランが望ましいです。

稼ぎの軌道に乗る、ということは、言うまでもなく、権利収入(不労所得)の軌道に乗る、ということです。

 

初心者が稼ぐ、副業で稼ぐ、という点でもこれらの条件はきわめて重要です。

 

そして、もうひとつ大切なのは、

 

ビジネス活動に必要なスキルそのものの難度を下げる、

 

ということです。

 

既に人脈の豊かな人、

 

ビジネスセンスの優れた人、

 

きわめてハートの強い人、

 

そのような限られた一部の人にしかできないようなビジネスのままではいけない、ということです。

いわゆる従来型のネットワークビジネス(MLM)をするための成功法を押し通すだけでは通用しない、ということです。

そのためのオンライン(インターネット)ではないわけです。

 

およそ誰でも普通の人が無理なくできることをやって、その中で少しずつ結果を出しやすくしていく。

このノウハウに専念しなければなりません。

 

これを可能にするための手段のひとつとして、いまや、無視できないマーケティング戦略があります。

現代マーケティングの集客方法の主流。

それは、

 

興味がある人を惹きつける

 

というやり方。

このことを無視したビジネスは、いまやビジネスのスタートラインにすら立てなくなりつつある、というのが現状です。

そのためにも、オンライン(インターネット)は欠かせないのです。

 

およそ幅広い層の人が最も高い確率で稼ぐためのふたつの条件については以上です。

 

他にも、ネットワークビジネス(MLM)をノーリスクでやる、というからには、企業の報酬プランのことの以前に、

 

きわめて質の高い製品やサービスを提供し、長い期間にわたって安定的に売上実績を伸ばしている企業

 

を選択する必要があることは言うまでもありません。

 

そして、

 

オンライン(インターネット)上で自由に集客活動をすることが許されているネットワークビジネス(MLM)の企業の選択肢は実にわずかに限られている、

 

ということも事実であることも伝えておきます。

 

Point!

・お金の負担がゼロでしっかりと学べるビジネス環境を選ぶこと。・条件のいい報酬プランの企業を選ぶこと。

・無理なく達成できそうな目標設定をすること。

・集客の手段を手広く知ってその中から自分に合ったものを作り出そう。

・オンライン(インターネット)上で集客活動をすることができるネットワークビジネス(MLM)の企業の選択肢は限られている。

 

現実的に「ごく普通の人が稼ぐ物語」の主人公になるために

 

今からネットワークビジネス(MLM)を始めたい、と思っているあなた。

 

既にネットワークビジネス(MLM)に取り組んでいるもののなかなか上手くいかない、と悩んでいるあなた。

 

自分の思い描いたとおりに成功したい、という気持ちはとてもよくわかるんです。

 

でも、その前に・・・

 

以上のことをよく踏まえた上で、ぜひ、オンライン(インターネット)ネットワークビジネス(MLM)の扉を叩いてみて下さい。

 

 

この手の業界では、まるで、「寝ているうちに権利収入(不労所得)の夢が叶う自動集客」と言わんばかりのキャッチフレーズをたまに見かけますが、そんな魔法みたいなものは決してありません。

これは、100%断言していいです。

 

ただし、大多数のごく一般的な人(普通の人)が高い確率で成功しやすくなるための最も筋のいい方法なら、確実にあります。

しかも、それは、きっとあなたが思っているほどの高いハードルではないかもしれません。

 

ここで伝えたことは、

 

お金もあまりない、

 

時間もあまりない、

 

大した人脈などない、

 

特別な才能などない、

 

ほとんど知識もない、

 

ほとんど経験もない、

 

人並み以上の根気や精神力もない、

 

そんな「ごく普通の人が稼ぐ物語」です。

 

いかがだったでしょう?

 

私たちは、このネットワークビジネス(MLM)という、まさに「人を資産にする」方法こそが、

 

この世で最も手堅くて安定してシンプルで手っ取り早い権利収入(不労所得)の稼ぎ方であり、最も理にかなった筋の良い幸せのつかみ方のひとつである、

 

ということをあなたに向かって提案し続けていきます。

 

この記事で私たちのビジネスに興味を持った方は、ぜひ、下の案内もご覧下さい。

 

スマートフォンでご覧の方、パソコン・タブレットでご覧の方、それぞれに快適な閲覧ができるページを用意しています。

 

どちらも、内容は同じです。