ゼロモバイルって?稼げるの?気になる評判は?

 

現代は、日本人のほぼ全員が携帯電話(スマートフォン)を持っている時代。

自宅に固定電話がなくても、携帯電話を持っている人は多いと思います。

携帯電話がなくては、生活が成り立たないですよね。

もはや、電気、ガス、水道、と並ぶ欠かせないインフラとも言えます。

そんな、当たり前になった携帯電話の一方で、世界でも高いと言われている日本の携帯料金。

ついつい使いすぎて、1万円近くの請求書が届いた経験をしたこともあるのではないでしょうか。

総務省が、大手キャリアに対して料金引き下げの圧力をかけている話がよく報道されますよね。

NTドコモ、KDDI、ソフトバンクといった大手キャリアが料金引き下げでしのぎを削っている中、

格安の携帯電話サービス、格安SIM(シム)を武器にした新しい会社(企業)も生まれています。

楽天モバイルやBIGLOBE、mineo(マイネオ)は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

本記事で紹介する、ゼロモバイルもそれら格安SIMのサービスを提供する通信会社(企業)の一つです。

でも、ゼロモバイルには他の通信会社(企業)とちょっと違う、ユニークなところがあります。

今回は、ネットでも話題のゼロモバイルについて調査してみました。

 

格安SIMのゼロモバイルってどんな会社(企業)?

 

ゼロモバイルは2020年に設立した新しい会社(企業)ですが、大阪に事業所があり、電気通信事業(E-02-04530)として登録されています。

事業所の外観は写真の通りです。

フロア面積は35.04坪(115.84m²)で細長いオフィスのようです。

通信会社のビルというと、私はNTTドコモのドコモタワーのようなものを想像しましたが、それは大手キャリアの話なのかもしれません。

 

【 事業所外観 】

 

出所 : Google Mapより転載

 

ゼロモバイルは、広告 + 格安SIM + MLM(ネットワークビジネス)の会社(企業)

さて、ゼロモバイルの最大の特徴は、同社の公式サイトで宣伝されている通り、「毎月の携帯料金が最大0円」です。

これを見たあなたも、「えっ!?本当?」と思ったではないでしょうか?

毎月6~7千円かかっている携帯料金が0円になったら家計は助かりますよね。

ちょっとしたお小遣いができます。

ここにゼロモバイルのユニークなビジネスが関係しています。

ゼロモバイルは、広告 + 格安SIM + MLM(ネットワークビジネス)を組み合わせることで、「毎月の携帯料金が最大0円」になることを実現しているのです。

さて、一体どんなカラクリなのでしょうか。

分かりやすく説明しましょう。

 

なぜ最大0円を実現できるのか?

ゼロモバイルは、広告業から得た収益をユーザーに還元することで携帯料金を下げることを実現しています。ただし、広告費を還元することであり料金0円を保証するものではありません。

具体的にいうと、

 

①ユーザーがゼロモバイルの提供する広告を視聴することによりポイントが貯まります。

 

②貯まったポイントを携帯料金に利用することで、携帯料金を下げることができます。

 

③ポイントを貯める広告は様々で、移動中などのスキマ時間を活用するだけで、通信料を下げることができます。

 

つまり、広告の視聴回数によっては、携帯料金を0円にすることができるというわけです。

また、ポイントは有効期限がないため、貯めたポイントを繰越して携帯料金に充てることもできます。

さらに、広告の商品やサービスを友だちに紹介することでポイントを得ることもできます。

例えば、電力会社の広告を友だちに紹介し、友だちがその電力会社に切替すると、友だちの使用した電力料金の6%がポイントとして還元されるといった仕組みです。

広告視聴によって広告費を還元する仕組み

 

出所 : ゼロモバイル公式サイトより転載

 

また、ゼロモバイルの広告配信には、通信経路からスマホにインストールされているアプリの利用履歴を計測することにより、本当に興味のあるジャンルを計測し、個人情報を保護しながらユーザーに興味関心がある広告のみを配信することが可能になる技術が使用されています。

ゼロモバイルのユーザーに対して効果的な広告配信ができそうな気がします。

 

会社(企業)のポイント!

・ゼロモバイルは、広告 + 格安SIM + MLM(ネットワークビジネス)の会社。

・ゼロモバイルは、広告業から得た収益をユーザーに還元することで携帯料金を下げる。

・ゼロモバイルは、アプリの利用履歴からユーザーに興味関心がある広告を配信できる。

 

さて、ゼロモバイルの格安SIMはどんなサービスでしょうか。

 

ゼロモバイルのサービスと料金プラン

ゼロモバイルの公式サイトによると、格安SIMの料金プランは以下の通りです。

 

ゼロモバイルの料金プラン

 

初期費用

出所 : ゼロモバイル概要書面より転載

 

月額費用

出所 : ゼロモバイル概要書面より転載

 

利用可能エリア : 通信回線はドコモ回線を使用しているため、ドコモが利用できるエリアなら使用可能。

 

ゼロモバイルの通信品質(速度)

ゼロモバイルは、ユーザーの快適な通信環境のために「独自帯域」という回線を採用しているため、独自帯域により高速な通信速度を維持することができるようです。

この独自回線はゼロモバイルのユーザーしか使用することができず、他社との共有回線ではないため、通信をコントロールし安定させることが可能です。

通信を安定させることで、ゼロモバイルは高速な通信速度をユーザーに提供するようです。

実際にはどれくらいの通信速度がでるのでしょうか。

 

各社通信速度比較(2021年12月19日18:00)

 

単位 : Mbps

出所 : 一般社団法人LLP協会による「 格安SIMスピード比較 Speed Test」サイトより転載

 

利用が集中する時間帯において、ゼロモバイルは他の格安SIMと比較してもかなり高速なようです。

ちなみに、要チェックなのが、利用制限です。

 

・1ヶ月の合計通信量が高速データ通信量を超えた場合、通信速度が低速(256kbps)になる。

・3日間の合計通信量が既定値(5GB)を超えた場合、通信速度が低速(256kbps)になる。

・キャリアメールの使用が不可になるので、フリーメールを用意する必要がある。

・LINEのID検索など[年齢認証]を必要とするアプリの一部機能に対応していない。

 

通信が高速な分、意外に早く規定値に達してしまうことがあるので要注意です。

256kbpsあればSNSや大抵のアプリの利用には事欠かないことでしょう。

但、動画の視聴は厳しいかもしれません。

 

通信品質(速度)のポイント!・ゼロモバイルはNTTドコモと独自回線を契約しているため、通信速度は高速。

 

ゼロモバイルの報酬プランと費用

ゼロモバイルの特徴として、口コミによる紹介で報酬が貰えるというネットワークビジネス(MLM)を取り入れている点があげられます。

さて、ゼロモバイルの報酬プランとはどんなものでしょうか。

概要書面によると、ゼロモバイルでは、4つのボーナスプランがあるようです。

また、ゼロモバイルでは「ゼロポイント」と称したポイント制度を導⼊しており「1ゼロポイント=⽇本円1 円」として換算されます。

 

上位タイトル者には広告収益を還元

通常のネットワークビジネス(MLM)では、上位タイトル保持者のボーナスが多く、タイトルを持っていない人はボーナスが低いという仕組みになっています。

しかし、ゼロモバイルの報酬プランでは、それが逆転しています。

つまり、上位タイトル保持者のボーナスが低く、タイトルを持っていない人の方がボーナスの支払いが多くなっています。

普通に考えると、これでは上位タイトル保持者のモチベーションが上がりません。

そこで、上位タイトル保持者に対しては、広告収益の還元を行います。

これにより、ネットワークビジネス(MLM)に参加したばかりの人も、上位タイトル保持者の人も多くボーナスを受け取ることが可能となります。

図から見ると広告収益の方が大きく見えますので、上位になるほど稼げるようになることを意味しているのでしょう。

 

上位タイトルには広告収入を還元

 

出所 : ゼロモバイル概要書面より転載

 

報酬プラン1 : ユーザーボーナス

ユーザーボーナスは1人(1台)紹介すると、750円の報酬が貰えます。

こちらは、紹介人数が多いほどボーナスが増えていきます。

例えば図のように、あなたの紹介により12台成約したとしますと、

750円× 12台  =  9,000円の報酬が、あなたに毎月入ってくることになります。

 

ユーザーボーナス

 

出所 : ゼロモバイル概要書面より転載

 

報酬プラン2 : バイナリーレベルマッチボーナス

バイナリーレベルボーナスは、多くのネットワークビジネス(MLM)の会社(企業)で採用されている報酬プランです。

あなたが構築する代理店組織のなかで、マッチング1件あたり毎月1,500円の報酬が入ります。

つまり、バイナリーで報酬を得るには、片方の枝だけでなく、両方の枝を均等に伸ばしていくことが必要になります。

組織構築の際には注意が必要です。

 

バイナリーレベルマッチボーナス

 

出所 : ゼロモバイル概要書面より転載

 

報酬プラン2 : ファストボーナス

ファストボーナスは、いわゆるスタートダッシュ的なボーナスです。

登録日から3か月以内に代理店を3名紹介するとファストボーナスの条件を達成します。

前段のバイナリーレベルマッチボーナスの1段目と2段目において、マッチング1件あたり毎月4,000円のボーナスが入ります。

実は、後述の代理店費用とも関連しますが、ファストボーナスの条件を達成し、2段目までを構築すると代理店費用8,000円が無料になるわけです。

 

ファストボーナス

 

<図10>出所 : ゼロモバイル概要書面より転載

 

報酬プラン3 : タイトルボーナス

ゼロモバイルのネットワークビジネス(MLM)のタイトルボーナスは9種類あります。

水星→金星→火星→木星→土星→天王星→月→太陽の順にタイトルが設けられています。

太陽に近いほど上位タイトルになります。

タイトルの条件を達成したときに入る臨時収入です。

 

タイトルボーナス

 

<図11>出所 : ゼロモバイル概要書面より転載

 

報酬プラン4 : アドバイザーボーナス

アドバイザーボーナスは、あなたがセミナーに登壇し、それによりゼロモバイルに代理店登録が発生した件数に応じて支払われるボーナスです。

代理店の登録1件あたり3,000円の報酬ですが、話上手だったり、相手の心を掴めるような話手なら、一度のセミナーで100人近くの報酬を稼ぐこともできるかもしれません。

そういうセミナーに登壇する人は相当上位のポジションになっている人だと思います。

 

アドバイザーボーナス

 

<図12>出所 : ゼロモバイル概要書面より転載

 

報酬プラン : グローイングボーナス

グローイングボーナスは、火星タイトル以上を保持する人に支払われるボーナスです。

タイトル保持者を育成したことに対して支払われるものです。

ボーナスの条件としては、組織内の1番目と2番目に大きい枝に対し、タイトル保持者の人数に対して、ボーナスが支払われます。

例えば、図の組織においては、1番目と2番目の枝にポジションを持っているタイトル保持者の合計64,500円が支払われます。

但し、あなたの保持するタイトルによって、支払額の上限が設定されていますので注意が必要です。

 

グローイングボーナス

 

出所 : ゼロモバイル概要書面より転載

 

代理店登録の費用

ゼロモバイルの報酬プランが適用されるには、代理店の登録が必要です。

その代理店にかかる費用がこちらです。

代理店登録にかかる費用

 

出所 : ゼロモバイル概要書面より転載

 

報酬プランと代理店登録のポイント!・ゼロモバイルの報酬プランは「ユーザーボーナス」「バイナリーレベルマッチボーナス」「タイトルボーナス」「アドバイザーボーナス」の4種類。

・代理店登録には登録料と毎月のシステム利用料の負担が発生する。

 

ゼロモバイルは稼ぎやすいのか?

さて、ゼロモバイルのサービスや報酬プランについて説明してきましたが、果たして、ゼロモバイルは稼ぎやすいのでしょうか?

競合他社との比較や代理店活動に伴う費用を含めて検証してみましょう。

 

ゼロモバイルの料金プランは安いのか?

ゼロモバイルは格安SIMとしてどれくらい魅力があるのでしょうか。

一つの判断材料としては料金プランがあります。

ゼロモバイルは他の格安SIMと比較して安いのでしょうか?

例えば、ゼロモバイルの音声SIMプラン20GBの月額料金は、2,728円(税込)です。

(オプション料金は含まれていません)

それに対し、3大キャリアと楽天の格安プランは以下の通りです。

 

3大キャリアと楽天の格安プラン

 

これらと比べてゼロモバイルの携帯料金が圧倒的に安いかというと微妙なところです。

格安SIM市場は現時点でも参入会社が多く飽和状態ですが、ペンギンモバイルやスターモバイルなど、ネットワークビジネス(MLM)を採用している格安SIMも複数存在しているので、非常に厳しい市場と言えます。

なお、ペンギンモバイルやスターモバイルについては、下記の記事で取り上げていますので、詳細を知りたい場合はご覧ください。

 

ペンギンモバイルとスターモバイル(旧クジラモバイル)を徹底比較!

ペンギンモバイルとスターモバイル(旧クジラモバイル)を徹底比較!

 

さて、ゼロモバイルには広告という武器があります。

それにより、携帯料金最大0円を実現するということですが、どうでしょうか?

 

ゼロモバイルの携帯料金0円は本当に実現できるのか?

ゼロモバイルには専用アプリがあり、この広告動画を見ることで月額費用が最大0円になると説明しています。

具体的には、広告動画を見ることで、ゼロモバイルに広告収入が入り、広告収入の一部をユーザーに還元し、月額費用が最大0円(無料)になるということです。

そして、動画を一回視聴すると、1ゼロポイント(=1円)付与されます。

この動画を一回視聴するのに約15秒かかるようです。

さて、一番安いプランの音声20GBプラン(2728円/月)の場合、携帯料金が0円になるには、15秒の動画を毎日91回も見る必要があります。

一日に換算すると約23分になります。

ドラマならまだしも、23分も広告を見続けるのはよほど興味が無い限り、正直キツイでしょう。

しかも、この通信料は自己負担になります。

家にWi-Fiがないと、広告をみるだけで20GBの大半を食いつぶしてしまいそうです。

これでは、なんのために携帯を使っているのか分かりません。

毎日23分あれば、もっと稼げる方法は他にあります。

一か月にしたら、11時間になります。

その時間でバイトをしたら、2728円を稼ぐどころかおつりがくるでしょう。

 

最大の武器である広告の効果は?

実は、広告収入によってサービスの利用料を0円にする仕組み自体は、GoogleやYouTubeなど多くの業界で使われています。

Google検索に出てくるバナー広告がありますよね。

YouTubeを見ていると広告が出てきますよね。

あれにはスポンサーがいて、広告料金を払っているのです。

そのおかげで、タダで検索サービスを利用できますし、動画を見ることができるのです。

格安SIMの会社(企業)では、広告収入を取り入れている会社はゼロモバイルの他にはまだ事例がないので、差別化としてうたっています。

ゼロモバイルは、広告収入によって、携帯料金を低減するわけですから、広告主がいることが絶対条件になります。

ゼロモバイルは、独自のアプリを利用し、広告主に対し営業するわけです。

しかし、広告主にとっては、どれくらいの費用対効果があるのか、気になります。

YouTubeやSNSに広告料を払うよりも、ゼロモバイルの広告が、費用対効果は高いのか?ということですね。

ゼロモバイルのユーザー数は1万人を超えた程度です。

インターネットやSNSの国内利用者数と比較するとどうでしょうか?わざわざユーザー数の少ないゼロモバイルに広告料を払うでしょうか?

しかも、ユーザーは自分の携帯料金を安くするために広告動画を見ているだけですから、購買意欲のあるユーザーなのか、という疑問が出てきます。

費用対効果でメリットがないと広告主も、他の広告媒体へ流れてしまいます。

そして、広告収入が入らないと、携帯料金を下げる仕組みが崩壊してしまいます。

そこについては、ゼロモバイルの武器である、最適な広告を表示させる機能があるわけです。

ゼロモバイルなら、端末から「ユーザーの使用アプリ」や「その使用履歴」から興味関心を判断できるという話です。

でも、これはユーザーがトラッキングを許可することが前提になります。

トラッキングを許可しない端末から、情報を収集することはできません。

たとえ、ユーザーがどのアプリをどの時間帯に使用しているか分かったとしても、利用価値はあるでしょうか?

たとえば、Twitterを使っている人が、

 

・美容や健康に興味のある女性なのか?

・とにかくお金を稼ぎたい若者なのか?

・資産を運用したいお金持ちなのか?

・子育てに邁進中のママなのか?

・権利収入に興味のある会社員なのか?

 

興味の対象はさまざまです。

そういう情報が入手できないと、そもそもターゲティングは難しいのではないかと思います。

 

ゼロモバイルの代理店勧誘はハード!

代理店に登録すると、毎月の携帯料金に代理店システム利用料(8,800円)が上乗せされます。

これによって、1円も稼げなくても、毎月1万円以上の費用がかかってきます。

もはや、格安SIMではないですね。

そして、代理店システム利用料というのもちょっと気になります。

通常、ネットワークビジネス(MLM)は商品の購入代金が、コミッションとして分配されていくのですが、ゼロモバイルの代理店システムはどんなサービスなのかよく分かりません。

もし、単なるお金の分配だとしたら、もはやネットワークビジネス(MLM)ではなく、ねずみ講(違法)です。

一般的には、ネットワークビジネス(MLM)を採用することで、広告費用を低減でき、より良いサービスや商品の開発に投資し、顧客を増やすことで収益を増やします。

ゼロモバイルは、広告主からの広告収入が本業の収入となるのですが、ユーザーを増やしてもコミッションを賄えるほどの利益にはならないのでしょう。

そして、このビジネスモデルは資金力や規模という点で危うさがあります。

もし、NTTドコモやKDDIやソフトバンクが広告事業を始めたら?

通信速度や広告効果からして、広告主はゼロモバイルよりもNTTドコモに広告費を払うのではないでしょうか?こうなると、未上場のゼロモバイルは苦境に立たされることでしょう。

さて、この代理店に登録すると、ユーザー1人勧誘したら、750円の継続収入が入ります。

たとえば 、音声20GBプランの支払いをペイするには、「最低でも15人は必要になります」(代理店の登録しなかった場合)

しかも、その全員がずっと継続してゼロモバイルを使い続ける必要があります。

前段でも説明しました通り、この業界はかなり競争が激しく、大手キャリアもしのぎを削っていますし、

これからも新しい格安SIMの会社が猛追を仕掛けてくるかもしれません。

よほど営業力や人脈があり人なら稼げるかもしれませんが、そういう人もゼロモバイルで稼ぎ続けられるとは思っていないでしょう。

短期で稼いだら、次の新しい案件に移っていく、そういう人が稼いでいるのかもしれません。

 

ゼロモバイルで稼ぐのは厳しい

ゼロモバイルがネットワークビジネス(MLM)として稼ぎやすいかどうかと言われると、正直、厳しいと思います。

ネットワークビジネス(MLM)に興味がない多くの携帯電話ユーザーからすれば、不便なく安価で日常的に利用できる品質なら申し分ないです。

代理店に登録して余計なコストを支払ってもネットワークビジネス(MLM)をやりたい、という人がどれくらいいると思いますか?

ネットワークビジネス(MLM)を始める人の9割は案件選びで成否が決まると言っても過言ではありません。

あなたがファンになる商品を伝えることができ、そして、ノーリスクで稼ぎやすい案件は探せばあるものです。

少なくとも、代理店システム利用料という余計な費用を払わずに、商品を購入するだけでビジネスを始められる方がずっとリスクが低いと思いませんか?

ネットワークビジネス(MLM)はライフワークになる一生の仕事とも言えます。

定年退職がありませんので、もしかすると、企業に就職するよりも、慎重に選ぶ必要があるかもしれません。

あなたの貴重な時間やお金を投資するのですから、より良い条件を選びたいですよね。

この記事もそうですが、他のネットワークビジネス(MLM)の会社(企業)についても、たくさん取り上げていますので、じっくり読んで、自分に合う稼ぎやすいビジネスを検討されると良いと思います。

 

稼げるの?・ゼロモバイルで携帯料金0円にするには、最低でも毎日約23分の動画を見る必要がある。

・ゼロモバイルの料金プランは他の格安SIMとそれほど大きな差はない。

・ゼロモバイルの勧誘で費用を回収するには、最低15人以上のユーザーを勧誘する必要がある。

 

ゼロモバイルはインターネットで集客できるのか?

概要書面には下記の通り記載されています。

 

当社が定める禁⽌⾏為

以下の事項は当社が定める禁⽌⾏為であり、会員本⼈が⾏うことはもちろんのこと、他の会員を教唆することも禁⽌します。発覚した場合、警告、ボーナス資格停⽌、強制解約の対象になることがあります。

 

とあり、インターネットでビジネスの宣伝広告を行うことを禁止しています。

多くのネットワークビジネスの会社(企業)でも、インターネットで不特定多数の人に対し、ビジネスの宣伝をすることを禁止していますが、ゼロモバイルも同様のようです。

 

㉓会員が、当社の承認を得ずに、雑誌・出版物・インターネント・ラジオ・テレビ・折込広告・DM 等のメディアを⽤いて、本ビジネスの宣伝広告を⾏うこと。

 

昨今はコロナ禍でなかなかセミナーも開催しにくい、状況です。

口コミだけで広げていくのもなかなか厳しいのではないでしょうか。

 

インターネット集客はできるの?・ゼロモバイルではインターネットによるビジネスの宣伝広告が禁止されている

 

ゼロモバイルの評判

ゼロモバイルの公式サイトに「ネガティブ情報に関する重要なお知らせ」という記事が掲載されています。

 

ネガティブ情報に関する重要なお知らせ

 

出所 : 「ゼロモバイル公式サイト」より転載

 

同業他社から大分叩かれているようですが、

この中で私が気になるのは、

 

“代理店募集の打ち切りと、品質の高いサービスの完成に向けて引き続きエラーを共に探していく「モニター代理店」としての活動をよろしくお願い致します。”

 

という文言です。

代理店募集の打ち切りは、後から入った代理店登録者にとって非常に不利になります。

下手すると、誰も紹介できずに、代理店システムの費用を払い続ける人が出ることが考えられます。

また、エラーを共に探していく「モニター代理店」というのも、品質を向上させていく企業努力を放棄しているように見うけられます。

文章自体も稚拙に感じます。こういうところから会社(企業)の姿勢や体質がにじみ出てくるものです。

ちゃんとした会社なのかどうか、長く付き合うなら将来性も見据えておきましょう。

最後に掲示板サイトに掲載されている評判を載せておきます。

 

森畠真実のゼロモバイル

 

出所 : 「集団訴訟呼びかけ掲示板」より転載