化粧品国内No.1シェアのノエビア!商品を解説!通販は?評判は?

 

ノエビアと聞くと、銀座に本拠地を構えている高級化粧品メーカーというイメージがあると思いますが、日本のネットワークビジネス(MLM)の売上高ランキングで、毎年化粧品部門のNo.1に輝くスキンケア製品の国内最大手の会社(企業)です。

化粧品部門に限って言えば、日本で一番売り上げが多いのがノエビアです。

ノエビアは訪問販売や通信販売を主としており、ネットワークビジネス(MLM)がメインというわけではありませんが、それでも、2019年度の売上は、305億4400万円です。

店舗販売の売上が下降している化粧品業界の中でもひときわ注目を集めています。

ノエビアにとって、ネットワークビジネス(MLM)はあくまでも販売網の拡大を狙った戦略の一つと捉えているようです。

また、「眠眠打破」「強強打破」「南天のど飴」ときくと、ビジネスマンには、コンビニやドラッグストアで見たことある、という方も多いことでしょう。

実は、あれもノエビアの製品なんですよ。

他にも、アパレル事業や、ボディファッション事業のほか、北米子会社における航空関連事業、フライトプランの提案からアテンドまで、旅行のサポートをするハンドリング事業など、多彩な事業を展開しています。

ノエビアは、大昔からテレビCMなども積極的にやっているので、ノエビアの名前は知っていてもネットワークビジネス(MLM)だとは知らない、という人もきっと多いはず。

さて、ここでは、そんなノエビアについて見ていきます。

 

 

ノエビアってどんな会社(企業)?

 

 

ノエビアは、かつて、創業者の大倉 昊(ひろし)氏が、ドイツ南部、シュバルツバルトにある「黒い森」に植生するハーブの美容効果を発見したときに始まりました。

この地域に住む女性たちの肌は透きとおるように美しく、その秘密は、黒い森に息づくさまざまな植物のちからにありました。

古くから「神の薬箱」と呼ばれる黒い森には、強力な薬効のあるハーブが豊富にあると言われています。

創業当時、ドイツをはじめとしたヨーロッパでは古くから、伝承されている植物療法が盛んに行われており、化粧品にも多く応用されていました。

ところが、その頃の日本において、植物と化粧品の関係についてはまだまだ未知の分野。

化粧品の成分としては、ほとんど活用されていない状態だったのです。

美肌を育む自然の計り知れないちからを日本の女性たちにも届けたい。

それは、創業者である大倉昊氏の願いでした。

その想いから、それまでの化粧品研究をベースに、当時としては珍しい植物成分を配合した化粧品の開発をスタートさせたのです。

目指すのは、植物の恵みを取り入れること、さらに、すっととけ込むような使い心地と高い安全性。

そして、1978年、ノエビア初のハーバルスキンケア・ノエビア80が誕生しました。

植物エキスを配合した純国産の化粧品であること、肌にとって安全であること。

のこだわりの姿勢は当時、多くの女性に強く支持され、ノエビアの化粧品は、瞬く間に日本の女性たちの間に広まりました。

 

現在、ノエビアの化粧品事業は国内のみならず、米国、カナダ、中国、韓国、台湾を拠点に、グローバル展開しています。

特に美容関連での競争が厳しい中国では、欧米化粧品メーカーが地下鉄ターミナルの看板全てを統一させるような広告を出し、韓国系は中国人人気女優を起用したCMを繰り返し流している中で、広告戦略で勝負することは容易なことではありません。

ノエビアは無料体験会を継続的に開催し、ブランドイメージと長期的な固定客の獲得にも力をいれています。

 

会社(企業)のポイント!

・1964年創業、歴史がある。

・主力製品は純国産の化粧品。

 

ノエビアの製品って?

ノエビアは、スキンケア、化粧品、ボディケア、ヘアケア、栄養剤、トライアルパック、メンズ製品、トリートメント製品などの美容製品を販売しています。

“自然を科学する”こだわりの拠点として、ノエビアは1982年に、美しい水に恵まれ、日本の薬草の産地として知られる滋賀の土地に、研究所と工場を完成させました。

さらに、北海道の暑寒別岳にパイロットファームも設立。

それは、より多くの植物の有用性や安全性を自らが解明し、そのゆるぎないちからを的確に商品に生かすために。

これまでに調べ上げた植物エキスは2500種類に及びます。

日本国内はもちろん、世界の秘境といわれる土地にいたるまで、研究者自ら足を運び、植物を採取し、徹底的に調べ上げる。

それは、脈々と受け継がれる植物研究のパイオニアとしてのこだわり。

これまでに取得した植物成分の特許数は147件に上ります。

ノエビアの主力製品について、紹介しましょう。

 

ノエビア99プラス スキンケアシリーズ

 

 

ノエビアの植物成分を配合したスキンケアシリーズの代表ブランド。

従来製品の「ノエビア99」を保湿に特化させ「ノエビア99プラス」として、2014年10月5日にリニューアル発売した製品。創業来から培ってきた独自の植物研究の成果を応用し、オリジナル成分をはじめ、厳選した23種類の植物成分を配合。

お肌の表面に潤いを与えるだけでなく、肌状態を整えて潤いを維持し、保湿の質を高める“スマート保湿”を実現。

ノエビアの調査によると、仲の良い母娘による“母娘消費”が注目される中で、20~30代女性の2人に1人が、母親と「スキンケア商品」を共有する傾向にあることが分かっているようです。

「ノエビア99プラス」は、そのようなエイジングケア意識の高い母親世代から、将来に備えてスキンケアを始める娘世代まで幅広く愛用してもらえる製品を目指したシリーズです。

 

【 植物成分をカプセル化 】

 

 

世界中から厳選した23種類の植物成分を配合。

そのうちオリジナル成分を含む8種類*の植物成分をカプセル化することで、お肌の奥まで素早く浸透し、ふっくらと潤いあふれる雫のようなお肌へと導く。

また、セラミドのほか美肌成分を配合し、バリア機能をサポート。

 

・カプセル化した8種類の植物成分

ヤマヨモギ葉エキス、 プリムラシキメンシス花エキス(オウカホウシュン)、ヒカゲノカズラエキス(シンキンソウ)、モモ種子エキス、エーデルワイスエキス、オオウメガサソウ葉エキス、オリーブ葉エキス、ホホバ葉エキス

 

ノエビア 99プラス クレンジングマッサージクリーム

内容量:100g

価格 :6,000円(税抜)

用途 :メイク落とし・マッサージ。軽くなめらかなのびで、メイク落としもマッサージも可能。(ふき取るタイプ)

 

ノエビア 99プラス クレンジングローション

内容量:160mL

価格 :3,000円(税抜)

用途 :ふき取り専用の化粧水 。油分や汚れを落とす。

 

ノエビア 99 プラス クレンジングマッサージゲルオイル

内容量:110g

価格 :6,800円(税抜)

用途 :メイク落とし・マッサージ。軽くなめらかなのびで、メイク落としもマッサージも可能。(洗い流すタイプ)

 

ノエビア 99プラス クレンジングフォーム(ジェントル)

内容量:100g

価格 :5,500円(税抜)

用途 :洗顔料。きめ細かく豊かな泡立ちで、やさしくしっとり洗い上げる。

 

ノエビア 99プラス クレンジングフォーム(フレッシュ)

内容量:120g

価格 :6,500円(税抜)

用途 :洗顔料。きめ細かく豊かな泡立ちで、やさしくしっとり洗い上げる。

 

ノエビア 99プラス フェイシャルシートマスク

内容量:20枚入り(190mL)

価格 :4,500円(税抜)

用途 :美容パック(シートタイプ)

 

ノエビア 99プラス フェイシャルパック

内容量:70g

価格 :4,500円(税抜)

用途 :美容パック(はがすタイプ)

 

ノエビア 99プラス スキンローション(リッチ/アクア)

内容量:160mL

価格 :5,800円(税抜)

用途 :化粧水。お肌に潤いを与え、なめらかなお肌へ。

リッチタイプは、とろみのある使用感があります。

アクアタイプは、みずみずしい使用感があります。

 

ノエビア 99プラス ミルクローション(リッチ/アクア)

内容量:110g

価格 :6,500円(税抜)

用途 :乳液。お肌の潤いを守り、ふっくらとしたなめらかなお肌へ

リッチタイプは、とろみのある使用感があります。

アクアタイプは、みずみずしい使用感があります。

 

ノエビア 99プラス クリーム(リッチ/アクア)

内容量:35g

価格 :7,000円(税抜)

用途 :クリーム。お肌を包み水分を逃がさず、つややかなお肌へ

リッチタイプは、とろみのある使用感があります。

アクアタイプは、みずみずしい使用感があります。

 

ノエビア 99プラス スキンケアシリーズを1セットで購入すると、4万円近くになります。

中高価格帯の化粧品というところでしょうか。

Amazonや楽天など通信販売サイトでも販売されています。

製品の評判もいいようです。

植物由来の天然素材を使った製品のため、化粧品にありがちな独特な匂いが少ないことも喜ばれていて、素材も安心して使えると評判のようです。

母親が使っていて娘も使い始めた、という感想が多く見られました。

この他、ノエビアにはトップブランドにあたる「ノエビア505」もあり、化粧水・乳液・クリームの三点で6万円になるそうです。まさに高級化粧品ですね。

ちなみに、基礎化粧品については、毎期、夏と冬の年二回「スキンケアフェア」を実施しているようです。

 

製品のポイント!

・化粧品の評判はいい。

・1セット揃えると4万円近くになる。

・Amazonや楽天などの通販でも販売されている。

 

ノエビアのビジネスについて

ノエビアは、販売代理店によるカウンセリングを中心とした対面販売を基本としています。

ノエビアと「委託販売契約」を締結している販売代理店を通じて化粧品を販売しています。

また、主要な販売代理店がレッスン型サロン「ノエビアビューティスタジオ」を展開しています。

顧客満足向上のため、販売代理店が美容知識や技術、接客力を学ぶ環境を整えるとともに、サロンでは、スキンケアやメイクアップといった各種ビューティレッスンを開催するなどさまざまな活動を行っています。

なお、ノエビアは、会員登録をしなくても、「ノエビアスタイル」という公式サイトから販売代理店を経由せずに直接製品を購入することもできます。

但し、販売代理店になれば、割引率が高いので、その分安く購入できますし、小売販売で利益を獲得することもできます。

わざわざ公式サイトから購入するよりは、販売代理店になった方が長期的に利用するならお得というわけです。

 

ノエビアのビジネスのポイント!

・カウンセリングによる対面販売。

・美容知識・技術・接客力を学ぶための研修環境がある。

 

ノエビアの報酬プラン

販売代理店に登録するには、10万円の初期登録料がかかります(これは預り金で、退会時に返金されます)。

加えて、数回の研修を受講しなければなりません。

これは、カウンセリングを中心とした対面販売をするために、身につけなければならない技術を習得するためであり、ノエビアの販売代理店の品質の高さがうかがえます。

販売代理店は、決して中途半端な取り組みではなく、プロ意識を持った人たち、ということなのでしょう。

ノエビアの報酬プランは、昔からある代理店方式です。つまり、割引価格で仕入れた製品と販売価格との差額が利益になるという仕組みです。

製品を割引価格で購入したい場合や口コミで広げるネットワークビジネス(MLM)に参加する場合、二次代理店として登録します。

ノエビアからの仕入れ値は、定価の6~7割の価格で購入できます。

第三者へ販売すると定価の3割ほどが利益になるというわけです。

販売代理店の購入額によって、ランク(タイトル)が変わり、製品の割引率が異なります。

売り上げが高ければ高いほどランクが上がり、割引率が高くなっていきます。

一次代理店は、二次代理店へ製品を卸します。売上1,000万円以上で、定価の8割で仕入れできるようになると言われており、二次代理店に、定価の6~7割で卸しても、2~3割が利益となります。

会員には自宅でサロンを始める人も多いようです。

 

報酬プランのポイント!

・報酬は代理店販売による小売利益

・入会登録時の預り金:10万円

・通常は二次代理店からスタート

 

ノエビアの評判は?

日本における報酬プランは、代理店方式による小売利益しかありませんが、米国では、本格的にネットワークビジネス(MLM)を展開しており、日本とは異なる報酬プランになっているようです。

日本におけるネットワークビジネス(MLM)に対する評判の悪さや風当たりが厳しいことから、なじみのある代理店方式で展開する戦略をとっているのかもしれません。

しかし、二次代理店(ダウン)に対して、しつこく仕入れをするように持ち掛ける一次代理店(アップ)や、友達を強引に誘うケースや、借金を作って、無理に製品を購入し、在庫を抱えてしまうトラブルから悪評につながることもあるようです。

愛用で安く買うために二次代理店で契約をした方に「お化粧品代をうかせてみない?」「毎月10万円位の収入ほしくない?」などと持ちかけて「それならこれだけ仕入れて頑張ってお客さん作ってみましょうよ」などと、相手をその気にさせて半年間で100万円以上の仕入れをさせるように持っていくパターンも多いようです。

お客さんや組織を作れていない前の状態で支払い期限付きで、状態に見合わない仕入れをさせるので貯金崩し、借金で支払う方も多くいる、という話もありました。

 

 

ノエビアのビジネスの印象

このビジネスで、利益を増やそうとすると、必然的に一次代理店を目指すことになり、単なる口コミではなく、カウンセリングを中心とした対面販売をするために、店舗を構えたり、自宅の一室をサロンにするなりして、接客の場所を設ける必要性がありそうです。

その費用も掛かりますし、研修で学ぶ時間も必要になります。

それらは、初期投資としては決して安くはないでしょう。

また、高級化粧品に対するニーズも気になります。

仮に、低価格帯の化粧品にトレンドが移っていくと、この手の業界は厳しい状況になっていくことも考えられます。

店舗を構えれば、維持費もかかります。

在庫を持てば、リスクも発生します。

その意味では、片手間で取り組めるネットワークビジネス(MLM)ではないと思った方が良いでしょう。

また、通販では、Amazonや楽天で、製品が2~3割引きで販売されているため、一度、サロンで購入したお客さんは、次からは通販で製品を安く購入することを選ぶ可能性もあります。

つまり、固定客を作れるかどうかは、自分がお客様に提供するカウンセリングの付加価値次第というわけです。

権利収入(不労所得)のようなビジネスだと思って始めると、間違いなく手痛い思いをしますのでご注意下さい。

 

ノエビアの印象!

・ビジネスとしてはプロ向き。

・権利収入(不労所得)のビジネスだと安易に考えない方がいい。