スーパールテインのナチュラリープラス!評判は?報酬プランは?

 

株式会社ナチュラリープラスは、日本発のネットワークビジネス(MLM)会社(企業)として海外展開をするほどに成長を遂げた数少ない会社(企業)の一つです。

例年、ネットワークビジネス(MLM)の会社(企業)の売上ランキングの上位を占めている多くの会社(企業)は外資系です。

外資系は自国できちんと生き残った結果、日本に来ているケースが多いため、つぶれにくいのです。

一方で、日本のベンチャーは創業者が資金を持っておらず、毎年多くの会社(企業)が簡単に生まれてはすぐに倒産していきます。

実に99%もの会社が、5年後には残っていないとも言われています。

そのような過酷な環境で生き残った国産のネットワークビジネス(MLM)会社(企業)が、ナチュラリープラスです。

評判など、気になりますね。

そんなナチュラリープラスについて、詳しく調べてみました。

 

 

ナチュラリープラスってどんな会社(企業)?

 

 

ナチュラリープラスのホームページ

 

ナチュラリープラスは、1999年3月8日に日本で始まりました。

2008年にアメリカの巨大金融会社UNIVAキャピタルグループの一員として生まれ変わり、サプリメントや化粧品を主力製品としながら香港・台湾・韓国・シンガポールなどアジア諸国を中心に世界展開し始め、現在は世界150以上の国と地域に製品が届けられるまでになりました。

それまでのネットワークビジネス(MLM)業界の歴史を塗り替えてやるぞ、という強い自信と確信を秘め、日本の業界トップに躍り出る意気込みでスタートしました。

しかし、現実は厳しく、ナチュラリープラスの1999年の会員数は驚きの0人。

そこで、持ち前の製品力を活かし、2年目の2000年には、会員数(累計)1万人を突破。

その後、破竹の勢いで成長を続け、2001年には3万人、2003年3月には40万人、2006年9月には120万人を突破しました。

 

2016年の9か月間の業務停止処分

そんな快進撃を続けてきたナチュラリープラスですが、実は悲しい歴史も存在します。

2016年3月10日から同年12月9日までの9か月間、消費者庁から業務停止処分を受けてしまいました。

 

<図 特定商取引法違反(不実告知など)で一部業務停止(2016年3月10日)>

 

ナチュラリープラスの販売する健康食品の「スーパー・ルテイン」又は清涼飲料水の「IZUMIO(イズミオ)」を購入していた人に対し、商品の効能について事実と異なる効能を告げて勧誘していたことや、勧誘目的等不明示、重要事項不告知、公衆の出入りしない場所での勧誘及び迷惑勧誘を行っていたことが、特商法の規定に抵触したためでした。

これにより、ナチュラリープラスのビジネスメンバー(ディストリビューター)も連帯責任でダメージを被りました。

9カ月の業務停止処分はネットワークビジネス(MLM)業界でも珍しく重い処分だといえます。

厳しい行政処分を受け、ナチュラリープラスは、コンプライアンスの整備と指導の徹底に力を入れてきました。

なお、ナチュラリープラスの会員登録には、ナチュラリープラスへの勧誘活動などができる「HCA」と、主に会員価格で製品を愛用する人向けの登録で、ビジネス会員の勧誘はできず製品を勧めることのみ可能な「HCB」があり、新規登録した「HCA」「HCB」会員が活動をするには、それぞれ専用のテストを受けて合格する必要があります。

テストには、まず受講テキストで学習した後、ナチュラリープラス公式ホームページに掲載されている活動資格テスト用紙をダウンロードし、印刷して解答後、FAX・郵送にて指定の送付先へ送付(もしくはサロンで提出)します。

後日、合否判定の結果が通知されます。

 

ナチュラリープラスの理念

①地球全体を健康に導く健康支援製品の会員制ダイレクト販売企業

 

②無理なく、続けられるLive with Integrity

・会員制ダイレクト販売システム

・会員の皆さまが在庫をもたない直接配送、毎月製品が届くオートシップ

・日々の積み重ねを基本とした報酬システム

 

ナチュラリープラスの信条(CREDO)

①Mission 目指すこと

業界のリーディングカンパニーとしての自覚を胸に挑戦を続け、「健康」によって幸せになる人を増やす。

 

②Vision 実現したい世界

私たちは「健康とは無理なく継続的に目指すもの」という考え方を世の中に広め、その機会として3つの健康を提案します。

そして、私たちとご一緒に自分らしく健康に取り組む方の輪を世界で100万人に広げます。

 

③5 Values行動指針

1.何事にも感謝し、その気持ちを笑顔で伝えよう

2.敬意(ティーアップ)による「人」や「環境」の活用を理解し、実践しよう

3.コミュニケーションを深め、お互いを共に育もう

4.売り手、買い手、社会の三方を大切にしよう(Win-Win-Win)

5.収益を意識して行動しよう

 

会社のポイント!

・1999年創業の国産の会社(企業)。

・日本のネットワークビジネス(MLM)の中でも上位の売上高を誇る。

・2016年に消費者庁から9か月間の業務停止処分を受けている。

 

ナチュラリープラスの製品って?

ナチュラリープラスの製品のことについて紹介します。

製品の特徴

①【高品質】厳しい品質管理の製造ライン

健康食品GMPやISO22000などを取得した工場で製造を行っています。

 

②【有用性】先進研究に基づく成分や機能

カロテノイドやミドリムシ、AC-11など、常に先進の研究をもとに厳選した素材を取り入れています。

 

③【安全性】信頼できるパートナー企業

原材料ごとに、世界的に評価されているパートナー企業との関係を保ち、製品づくりに生かしています。

 

④【安定供給】確実にお届けする安定的供給

時代や環境が変わっても安定的に製品をお届けできる体制を整えております。

 

ここからは、ナチュラリープラスの主力製品について紹介します。

 

スーパールテイン

 

 

「スーパー・ルテイン」には、「ファイトケミカル」の代表格であるカロテノイドが、ルテイン、ゼアキサンチンをはじめとして6種類配合されています。

この他、アントシアニン、DHA、ビタミンB群、ビタミンEなどの栄養成分をバランスよく配合。

野菜不足を感じている方、食事の栄養バランスが気になる方にお勧めのサプリメントです。

スーパールテインの主成分カロテノイドは、自然界に存在する黄色や赤色の色素の総称を指し、効果としては抗酸化作用の働きが期待できます。

また、眼病や生活習慣病などをはじめとする疾病の予防に効果的な栄養素として知られています。

その他にも、目に良いアントシアニンやDHA、ビタミンB群、ビタミンEなどが配合されているので、眼病や抗がん作用に効果が期待できます。

 

IZUMIO(イズミオ)

 

 

2007年から販売を開始したIZUMIO(イズミオ)。

累計出荷本数は2億3,000万本を突破したそうです(2017年8月現在)。

 

1)水素水市場売り上げNo.1

日本国内水素水市場(生成機器、サプリメント除く)2010年~2016年、ブランド別売り上げNo.1。

各種公開情報および主要対象事業者に対するアンケートに基づき推計。

イプソス株式会社調べ(2017年8月現在)

2)水素溶存率 充填時平均2.6ppm

充填方式を改良し、業界トップレベルの水素溶存率を実現しました。

【2016年製法特許取得】

これまでは、充填タンク貯蔵後に容器充填されていた「イズミオ」。

しかし充填タンクを経由せず、高い圧力のままアルミパウチに直接充填する方法を取れば、わずかな気化も防ぐことができます。

この方法で、従来よりも高い水素溶存率が実現しました。

※「水素溶存率」とは?

水素溶存率とは、水分中の水素の割合のこと。

この値が大きくなるほど水素が多く含まれているということになります。

3)酸化還元電位出荷時-570~-700mV

酸化還元電位がマイナス側の「イズミオ」には、「還元力」があります。

4)IZUMIO(イズミオ)製造指定工場

IZUMIO(イズミオ)の製造指定工場は、株式会社シェフコ(https://www.shefco.co.jp/)です。

 

 

オラージュ

 

 

ナチュラリープラスの化粧品オラージュの特徴はエイジングケア成分のプロジェリンと北欧産のベリー5種類(クラウドベリー、クロウベリー、リンゴンベリー、ブラックベリー、ビルベリー)を配合している所です。

 

有名人(政治家)が語るナチュラリープラス

過去に参議院議員の鈴木宗男さんや山岡賢次元衆院議員が2008年に幕張メッセで行われた全国コンベンションにゲストとして呼ばれており、鈴木宗男さんはネットワークビジネス(MLM)肯定派でナチュラリープラスのスーパールテインとイズミオの愛用者だと公言していました。

 

出典 : 「ネットワークビジネスを語る元衆議院議員・鈴木宗男」

https://youtu.be/EWmS4HO1N7U

 

出典 : 「山岡賢次先生 熱く語る!「その1」ナチュラリープラスNP サミット」

https://youtu.be/wnzNR4ITTZQ

 

製品のポイント!

・清涼飲料水のIZUMIOは、水素水市場売り上げNo.1。

・政治家などの有名人も愛用している。

 

ナチュラリープラスの報酬プランって?

ナチュラリープラスの報酬プランについて説明します。

 

スポンサーボーナス(リクルートボーナス)

基本的に、新規1人リクルート毎に、1,000円 / 1回限りの収入が入ります。

直紹介1人・・・Lv1まで

直紹介2人・・・Lv3まで

直紹介3人以上・・・Lv5まで

(ただしLv5は500円 / 人)

紹介実績が2~3人いれば、自分のチームに人が増える度に、1回限りですが、ちょこちょこ1,000円が入ってきます。

 

バイナリーボーナス(リクルートボーナス)

バイナリーボーナスは、は自分の紹介人数だけで計算されます。

1人目の紹介者を出した日から、1ヶ月以内に2人目を出すと、3,000円 / 1回限りが収入になります。

3人目の紹介者を出した日から、1ヶ月以内に4人目を出すと、3,000円 / 1回限りが収入になります。

5人目は対象外です。

 

デイサイクルボーナス(バイナリーボーナス)

1ターン目は4サイクル、2ターン目以降は3サイクルのバイナリーボーナスです。

1サイクル毎に5,000円 / 月が収入になります。

3サイクルということは、両側で6セットの流通量です。

1 : 1計算では、1,667円

1万1,500円の1 : 1で1,667円 / 月というのは、モナヴィーなどと比べて高めの設定ですね。

※モナヴィー : 1万4,000円の1 : 1で1,000円 / 月

ちなみに、左右小さい側で25セット(左右合計最低50セット)の流通で、フルサイクル=4万円 / 月とされています。

 

リーダーシップボーナス(メガマッチボーナス)

自分の出した紹介者が、フルサイクルを達成する度に、自分には1万円の収入が入ります。

これは、メガマッチと言えるか微妙なほど、払い出しが低いです。

対象が、直接紹介者Lv1のみで、しかもバイナリーボーナスの25%という数字は、最近の会社ではなかなか見ません。

 

フロンティアボーナス

対象月で、10ポジション以上を直接紹介し、スタート商品および10,000ポイント以上のリピート商品を購入すると、1口毎に、当該月の製品の総売上のポイントから1%分が対象者に均等に分配されます。

※1ポイント  = 1円

※10ポジション = 1口※2口以上取得可

 

スピリットボーナス

対象期間の製品の総売上ポイントの1%分が対象者に均等に分配されます。

 

アッパースピリットボーナス

スピリットボーナスを3期(6か月間)連続して達成すると取得できます

対象期間の製品の総売上ポイントの1%分が対象者に均等に分配されます。

 

グランドスピリットボーナス

スピリットボーナスを6期(12か月間)連続して達成すると取得できます。

対象期間の製品の総売上ポイントの1%分が対象者に均等に分配されます。

 

報酬プランのポイント!

・まずは、バイナリーの左右25セットでフルサイクルを達成することが目標!

 

ナチュラリープラスは稼げる?

報酬プランは、リーダーシップボーナス(メガマッチボーナス)が薄い代わりに、リクルートボーナスやバイナリーボーナスを厚くしたプランになっています。

つまり、初心者がコツコツと稼ぎやすいプランということです。

最近の会社(企業)を見る限り、リーダーシップボーナスを厚く設定する会社が多くなってきています。

そういった意味では、ナチュラリープラスは時代遅れと言えないこともないですが、しかし、これが悪いことかというと、それも一概には言えません。

最近の会社がリーダーシップボーナスを厚くしているといっても、それはバイナリーボーナスを削って充当しているので、その分、基本ボーナスが薄くなっています。

リーダーシップボーナスというのは、大きな夢を見せて頑張らせるプランです。

到達できるかわからない大きな目標に対する報酬が厚い方がいいのか?

それとも、最初にコツコツ多めにもらえた方がいいのか?

その辺りは個人の好みでしょう。

ただし、これからの時代のネットワークビジネス(MLM)は、ビジネスチャンスで煽るよりも、こつこつ愛用者を増やしていけるかどうか、がポイントになってくるはず。

今後、ネットワークビジネス(MLM)業界が持続的に発展してくのであれば、ナチュラリープラスのような素朴なプランに回帰していくのではないかと思います。

とはいうものの、ネットワークビジネス(MLM)をやってみるとわかりますが、そう簡単には儲かりません。

「ねずみ講」や「マルチ商法」と言われ、ネットワークビジネス(MLM)に対する世間一般の印象が悪すぎて、話さえ聞いてもらえないこともザラです。

無理に勧誘をすれば、それこそ法令違反で営業停止の憂き目に遭いかねません。

ナチュラリープラスも、そのことで過去に苦い経験をしたということになります。

勧誘で頑張らない、無理をしない、トラブルがない。

そんな気楽で楽しいネットワークビジネス(MLM)のイメージが定着することを願っています。

 

ナチュラリープラスでインターネット(オンライン)集客はできるの?

ナチュラリープラスのホームページによると、会員が販売促進物やインターネット広告を作成する際は、ガイドラインに沿って作成の上、ナチュラリープラスへ申請し、審査を受け、認定されたものに限り会員活動に使用することができる、とのことです。

 

インターネット(オンライン)集客はできる?

・ナチュラリープラスは、独自のガイドラインによりインターネット上での活動にきわめて厳格な規制を敷いている。