ネットワークビジネスのアトミって?インターネット集客はできるの?

 

アトミ(ATOMY)というネットワークビジネス(MLM)の会社(企業)をご存じですか?

アトミ(ATOMY)の社名は、”atom美”とも表現されます。

このことからも想起されるように、アトミ(ATOMY)は、「原子力応用技術」と「美」のコラボをコンセプトにしている会社(企業)です。

こう言われると、「スキンケア製品があるのかな?」とか、「品質が凄いのかな?」とか、そういうことが気になってきますよね。

実際、凄いんです。

そんなアトミ(ATOMY)について、これから紹介します。

 

 

アトミ(ATOMY)ってどんな会社(企業)?

アトミ(ATOMY)は、2009年に韓国で創業し、2010年にはアメリカで、2011年には日本で支社が設立されています。

日本支社は、アトミジャパンと言います。

その後、カナダ、台湾、シンガポール、カンボジア、フィリピン、マレーシア、メキシコ、タイと次々に進出しています。

 

 

アトミ(ATOMY)の主力製品は、スキンケア製品です。

その最も大きな特徴は、冒頭にも触れた「原子力応用技術」です。

アトミ(ATOMY)は、高度な精製技術を活用し、新鮮なハーブ抽出液を潤沢に配合したスキンケア製品である“Atom美”化粧品を製造しています。

“Atom美”化粧品の製造元は、2004年に韓国の研究所企業法により設立された韓国内の第一号研究所の会社(企業)であるコルマBNH(旧SBT : サンバイオテック)です。

コルマBNH(旧SBT : サンバイオテック)は、国策機関である韓国原子力研究院が技術を提供して持分約20%を所有し、上場会社(企業)である韓国コルマが技術と運営を担当する形で誕生しました。

このコルマBNH(旧SBT : サンバイオテック)が、“Atom美”化粧品を製造し、アトミ(ATOMY)に永久独占供給することになっています。

“Atom美”化粧品には、韓国原子力研究院の原子力応用技術の一つである高純度精製技術と韓国コルマのナノ技術、コルマBNH(旧SBT : サンバイオテック)の漢方発酵科学技術など3種類の先端技術が結合されています。

 

アトミ(ATOMY)は、流通専門の会社(企業)です。

将来的にはウェブサイトで安心して安く購入できるネット通販のような会社(企業)を目指していて、アメリカのウォルマートのようなマーケットを視野に入れているようです。

通常のネットワークビジネス(MLM)の会社(企業)とはやや異なる流通のビジョンを持っているようですね。

アトミ(ATOMY)は、会社(企業)の「生存」、成長の「速度」、富と余剰の「均衡」の3つを創業理念に掲げ、顧客の成功を目標にして、流通のハブとなるグローバル会社(企業)を目指しています。

アトミ(ATOMY)の哲学を説明するのに、「牛の哲学」と「赤ちゃんの哲学」というものがあります。

「牛の哲学」とは、牛乳をたくさん搾乳するために牛を飼うことを、顧客と会社(企業)の関係に置き変えたものです。

この場合、顧客が牛で、会社(企業)が飼い主です。

「赤ちゃんの哲学」とは、子供の成長と幸せを願って、親が赤ちゃんの世話をすることを、顧客と会社(企業)の関係に置き変えたものです。

この場合、顧客が赤ちゃんで会社(企業)が親です。

アトミ(ATOMY)が掲げる顧客の成功という目標は、「赤ちゃんの哲学」に基いています。

その活動は、顧客から何かを得るためではなく、顧客の満足を超えて、顧客の感動、さらには顧客の成功を実現するためにある、ということを言っています。

 

アトミ(ATOMY)の創設者であるパク・ハンギル氏はクリスチャンであることが知られており、社訓に「神の形に基いて作られた人としての霊魂(スピリット)を大切にする」とあることからも、氏の信仰の深さがうかがえます。

 

 

氏は、アトミ(ATOMY)を創設する前にウェブショッピングの事業で大きく失敗し、どん底まで落ちた経験があったそうです。

その頃、アトミ(ATOMY)の主力製品に出会い、ビジネスの再起を図ったとのことです。

当時、糖尿病と肝臓の病気を患い、運動が必要なのに運動してはいけない、という進退窮まる状況に陥っていた氏は、その後、奇跡的に健康を取り戻し、この時、余命を神に捧げ、伝道するために起業することを誓った、と言います。

 

アトミ(ATOMY)には、サクセスアカデミーという成功のための二泊三日の教育合宿があります。

そこでは、何時間にもわたるパク・ハンギル会長の講義があります。

ここで、イエス・キリストの話をしながら伝道のためのメッセージを伝えていたようです。

アトミ(ATOMY)は、会長自らがトップリーダーとなり、センター長となり、講師の役目もこなしながら、盤石な基盤を築いてきました。

代表事業者(最上位クラスの会員)には、学生時代の恩師である教授を据えました。

また、教育係は、会長の義理兄の士官学校の元教授が担当しています。

アトミ(ATOMY)は、組織のグループに関係なく会社(企業)が統括して教育を受け持つ、という、ネットワークビジネス(MLM)の会社(企業)には珍しい管理体制の行き届いた教育システムを持っているところも特徴的です。

 

現状、日本支社の成長は今ひとつで、どちらかと言えば、在日韓国人の人が中心に活動しています。

韓国では「狂えば到達する」という精神で「アトミ(ATOMY)に狂ったようになりなさい」という指導も行われているようですが、この辺りがちょっと日本人には受け入れられていないようで・・・まあ、無理もないですね(笑)

一部では、韓国の教育セミナーはお祭りのようであり、日本の教育セミナーは葬式のようである、とも言われているようです。

 

アトミ(ATOMY)のマステージ戦略とは?

アトミ(ATOMY)は、独自の造語を用い、製品戦略を謳っています。

それを、「マステージ戦略」と言います。

マステージ(MASSTIGE)とは、大衆を意味するMASSと名品を意味するPRESTIGE PRODUCTを組み合わせたもので、「大衆名品」と呼ばれるもののことを指します。

大衆名品とは?

 

①アトミ(ATOMY)が流通させる製品の価格 = 「絶対価格」

 

②アトミ(ATOMY)が流通させる製品の品質 = 「絶対品質」

 

アトミ(ATOMY)によると、この図は、要は、以下のようなことを表しているようです。

 

「この価格ではこれ以上良いものは作れません、というレベルの「絶対品質」の製品をこの品質ならこれ以上安くは売れませんというレベルの「絶対価格」で提供する」

 

ここで言う製品が大衆名品であり、したがって、マステージ戦略は、「大衆名品戦略(MASSTIGE STRATEGY)」と言い換えるとわかりやすいかもしれません。

 

アトミ(ATOMY)のマステージ戦略が生んだ成果

世界本部である韓国アトミ(ATOMY)は、2011年に500万ドル輸出の塔、2013年に1,000万ドル輸出の塔、2015年に2,000万ドル輸出の塔、2016年に3,000万ドルの輸出の塔、2017年には5,000万ドル輸出の塔を受賞する快挙を成し遂げています。

勢いが衰えないアトミ(ATOMY)は2018年7月にオーストラリア、同年10月にインドネシア、更に、同年12月にロシアの支社をオープンしました。

2018年に7,000マンドル輸出の塔を受賞しました。

2018年に売上約1,000憶円を達成(グローバル連結基準)しました。

 

アトミ(ATOMY)の製品って?

アトミ(ATOMY)の製品は、「大衆名品(マステージ)」という独特の表現でコンセプトが謳われています。

 

大衆名品(マステージ)とは・・・

 

絶対品質 = 名品以上の品質

絶対価格 = マート(小売店)以下の価格

 

まり、高品質の製品を誰にもまねできない価格で提供する、ということのようです。

 

アトミ(ATOMY)は、製品の種類も豊富です。

韓国の各製品ラインで最も人気のあるものを幾つか紹介します。

 

機能性補助食品(ヘモヒム : HemoHIM)

 

1箱15,000円、4箱40,000円程度

 

ヘモヒムは、国家プロジェクト名ヘモヒムから命名された機能性補助食品で、100%天然成分のハーブサプリメントです。

このヘモヒムは、かつて、韓国の4大テレビ局(KBS、MBC、SBS、JTBC)のニュース報道でも話題になりました。

当時、原子力研究院の傘下にあった原子力病院は、癌患者に対する臨床データを発表しましたが、健康食品の認可を依頼したKFDA(食品医薬品安全庁)からの指摘を受け、動物実験のデータの提出を要求されています。

そこで、六ヶ月間実施した動物実験のデータを提出し、KFDAに第一号の機能性補助食品として認められた、という経緯があります。

免疫力向上、サイトカイン増加、抗酸化、防放射線、造血作用などの効果があるとも言われており、韓国では、抗ガンやガン治療の副作用予防にも利用されているとのことです。

アメリカの医学文献サイト(パブメド)に、ヘモヒムに関する特許が15件掲載されていますので、参考までに紹介します。

 

米国国立医学図書館 国立衛生研究所HP(PubMedにてHemoHIMを検索)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=himohim

 

ただし、原料が当帰、芍薬、川芎など中薬が使われており、日本では医薬部外品に入るため、健康食品として流通させることができません。

したがって、日本のネット上で流通しているのは不法な行為だと言えます。

正規にヘモヒムを購入するには、現在、韓国から個人輸入という形を取るしか方法がありません。

 

化粧品6点セット

 

 

化粧品6点セットは、肌の見た目と健康を改善するために設計されたスキンケア製品です。

 

・150mlのトナー

毛穴を閉じて保湿する

 

・40mlのアイクリーム

線、しわ、目の周りの腫れを減らす

 

・50mlのエッセンス

他のスキンケア製品のために肌を水和させ、準備する

 

・135mlのローション

保湿

 

・50mlの栄養クリーム

肌の老化を遅らせ、肌を引き締める

 

・40mlのBBクリーム

肌を明るくし、ブロードスペクトラムSPF 30で紫外線から保護する

 

テレビの報道によると、植物性の有効成分が通常の化粧品より約500倍も入っているとのことで、とても人気のある製品です。

現在は、BBクリームが別売りになっていて、5点セット(乳液、エッセンス、アイクリーム、化粧水、フェイスクリーム)になり、スキンケアザフェイムと名称を変更しています。

スキンケアザフェイムの会員価格は、10,430円です。

 

また、日本では、エイソール6種(化粧品)として、アップグレードして販売しています。

エイソール6種(化粧水、エッセンス、セーラム、乳液、アイクリーム、保湿クリーム)の会員価格は、25,900円です。

アップグレードというのは、具体的には、以下のアトミ(ATOMY)の四大技術に伝達技術(角質層まで伝達する技術)と素材技術(機能別にサポートする複合コンプレックスの技術)が加わったことを指して言っているそうです。

 

①高純度精製技術(韓国原子力研究院の生命工学センターの独自技術)

 

②フレッシュバイオ技術(コルマBNHの独自技術)

 

③発酵技術(冬虫夏草菌糸体とメシマコブ菌糸体、玄米餅米菌糸体とメシマコブ菌糸体をそれぞれ培養し発酵させる技術)

 

④濃縮マイクロ複合カプセル技術(一つのカプセルで水溶性と脂溶性の二つの成分を安定化させた親和性と浸透性に優れた技術)

 

水溶性プロポリス歯磨き粉

 

 

通常、プロポリスは脂溶性ですが、この製品は、原子力研究院の放射線応用技術で不純物を取り除いた水溶性になっています。

会員価格は、1,830円です。

 

この放射線応用技術は、ヘモヒムや化粧品6点セットにも使われています。

ヘモヒムは、原料の中薬に含まれる毒性を除去し、有効成分だけ抽出しています。

化粧品も、通常、植物を煎じると0.2%の不純物が混じって真っ黒になりますが、放射線応用技術によって植物性の不純物を取り除くことができ、有効成分を入れることができるようになっています。

 

こうして見ると、アトミ(ATOMY)の製品は、かなり豪華なラインナップですね。

価格もリーズナブルであり、ビジネスに興味がない人で製品を愛用したがる人も多いようです。

最近では、ヤフオクやメルカリ、楽天市場などでも、アトミ(ATOMY)の化粧品が少し安く販売されています。

アトミ(ATOMY)は、通販の出品も多く、特に化粧品の評判がいいようです。

 

アトミ(ATOMY)は、定期購入の縛りを定めていませんが、いいものを安く売れば勝手に売れていく、との考えがあるそうです。

ただし、まとめ買いをするとより安く購入できるような仕組みは存在します。

また、製品の発注や受け取りは、旅先のホテルでも、現地の会員サイトにログインして行うことができます。

アトミ(ATOMY)の製品は、メンバーシップ価格で購入し、販売して利益を得ることも可能です。

 

実は、製品の価格が上がっている

アトミのパク・ハンギル会長には、どうやら、製品を少しでも安くして会員の負担をなるべく減らしたい、との考えがあったようで、かつて、アカデミーセミナーの席でもそのような見解を語っていたことがあるそうです。

そのためか、実際、アトミでは、最初の頃は製品の内容量が増えていっても価格が据え置きであったり、あるいは、製品をまとめ買いで安く買うこともできたりなど、そうした事実があったことは確かです。

ところが、このまとめ買いについては、既になくなっています。

日本でも海外でも今はバラ売りしかしなくなっていて、結果的に製品の単価は上がってしまっている、というのが現状です。

創業当時から韓国のアトミを支えていたリーダーの幾らか離脱する、という事態が近頃起きているようですが、あるいはこの辺りの事情と無関係ではないかもしれませんね。

 

アトミ(ATOMY)の報酬プランって?

アトミ(ATOMY)の報酬プランは、バイナリー方式です。

販売員のボーナスは、世界総売上げのポイント(PV)の70%がタイトルに応じて精算され、支給されます。

組織内の小グループが累積1万PV以上を達成した時に、実績が認められます。

 

 

アトミ(ATOMY)会員は、小グループの総購入量(PV)により5種類のランクに分類されます。

 

販売員のタイトル取得条件

 

 

ベーシックボーナス

1日の世界総売り上げPVの44%が、タイトルに応じて支給されます。

 

 

累積30万PV以前は自己消費会員として位置づけられ、商品を購入して使っているうちにポイントが累積されていくことで昇格し、ここで始めてビジネスに参加することができます。

これは、アトミ(ATOMY)の製品について十分に知っていることをビジネス参加の前提としているためです。

 

自己購入PVが30万PV未満の時に小グループが30万PV以上になったら、点数が5点となります。

小グループのPVは、30万PVになるまで累積されます。

点数獲得時には、バイナリーの左右に残った小グループのPVが消滅します。

ベーシックボーナスは、毎日集計され、それを加算して週払い(火曜日)をすることになっていて、日曜・祭日にはボーナスは発生しません。

ベーシックボーナス算出式は、以下のとおりです。

 

N価×自分の獲得点数

(N価 : 一日の世界総売り上げPVの44%÷世界総点数)

 

例えば、バイナリーの左右の実績30万PV:30万PVを達成することで、およそ5,000〜6000円程度の報酬になります。

アトミ(ATOMY)のメイン健康食品なら15,000円×3箱=45,000円で30万PVが付与されますので、バイナリーの左右でバランスよく売り上げが上がれば、90,000円の売り上げに対しておよそ5,000〜6,000円程度の報酬が発生することになります。

なお、推薦人制度はないため、直紹介をしても紹介料はありません。

ポイントは無限段階までカウントし、余ったポイントは翌月に繰越し累積されます。

 

この他、タイトルを達成すると、ワンタイムボーナスとして、世界総売上PVの20%がタイトルに応じて支給されます。

 

タイトルボーナス

世界総売上PVの20%が、タイトルに応じて支給されます。

 

 

タイトルボーナスの集計は、毎月15日と末日に締め切り、月2回支給されます。

参考までに、セールスマスターのタイトルボーナスの目安は、月額100,000円くらいです。

 

タイトル昇格の条件

 

 

それぞれのタイトル昇格には、以下の条件があります。

 

・タイトル連続維持条件無し

・会員資格維持期間制限無し

・ダイヤモンドマスターから同時に 2段階昇格不可

 

アトミ(ATOMY)には、年会費、初期費用、ノルマ等はありませんが一年間購入履歴がないと自動退会になります。

退会になると、自己購入PVも消滅します。

 

還元率

アトミ(ATOMY)は、世界総売上PVの70%を販売員に還元しており、業界平均である40%と比較しても高く、低いタイトルレベルほど還元率が高く設定されている点は良心的です。

 

アトミ(ATOMY)の報酬プランの印象

 

 

アトミ(ATOMY)の報酬プランは、紹介料が発生しない、登録無料のオートシップなしのバイナリーですから、スピルオーバー(アップが勝手にダウンをつけてくれること)を期待する他力本願の人が気軽に簡単に集まりやすい傾向があり、製品の再購入も思ったほど上がらない、という声も多く聞きます。

タイトルの資格取得維持条件を見てもわかりますが、最初のセールスマスターを達成するのにも、傘下に定期購入をしてくれる愛用者を200人程度作り、同じように愛用者を作ることができる販売員を左右に2名ずつ作る必要があります。

これは容易ではありません。

実際、アトミ(ATOMY)に一生懸命取り組んでおり、日本で2万人のグループを作ると宣言しているリーダーの人の話でも、最初のタイトル取得を目指していた時期には人に「製品を購入してくれないか?」とお願いして回っていたほどだと聞きます。

誰かに買い込みをさせてでもタイトルを狙っていたのだと思いますが、グループのやり方によっては、こうした金銭的なリスクも少なからず発生する可能性もありそうです。

 

アトミ(ATOMY)でインターネット(オンライン)集客はできるの?

アトミ(ATOMY)のビジネスは、インターネット(オンライン)集客でのメンバー募集を禁じています。

アトミ(ATOMY)で指導するネットワークビジネス(MLM)の「成功の8段階」は、①目標設定、②決断、③リストアップ、④招待、⑤事業説明、⑥フォローアップ、⑦相談、⑧複製です。

勧誘は対面での説明が基本で、オフラインに特化したネットワークビジネス(MLM)です。

 

アトミ(ATOMY)ジャパン概要書面vol.2018.06.01(一部抜粋)

 

アトミ(ATOMY)の日本での印象

アトミ(ATOMY)の日本での勢いは、それほどでもありません。

アトミ(ATOMY)の日本市場における拡大を阻害している要因は、同社の製品や報酬プラン、教育システム云々ではなく、ひょっとしたら韓国の会社(企業)であるという事実にあるかもしれません。

以前、李明博大統領や朴槿恵大統領が続け様に日本をバッシングしたことがありましたが、その当時、かなりの数の日本人のアトミ(ATOMY)の会員が愛用をやめてしまったと聞きます。

韓国内で精力的に活動していたある日本人メンバーの話でも、サクセスアカデミーの席で代表事業者(会社から直のポジションにいる運営側の会員)が世界に同時中継している講義の席で、日本人を皮肉って嘲笑するコメントを発して日本人メンバーの気分を害していたという話もあります。

グローバルなビジネスを展開しているアトミ(ATOMY)にとって、こうしたことは、日本進出の上では非常に大きなマイナス材料になっていそうです。

2014年の時点で、韓国の人口5,000万人のうち200万人がアトミ(ATOMY)の会員です。

そして、韓国以外の会員はわずか20万人だそうです。

せっかく韓国内でビジネスが盛り上がっているアトミ(ATOMY)。

世界に展開するには、より大らかな視点を持つことも必要になってくるかもしれません。