実践講座11 : MLMの報酬プラン〜ブレイクアウェイ〜

MLM(ネットワークビジネス)の報酬プランのシステムについて見ていきます。

 

報酬プランとは何か?

 

MLM(ネットワークビジネス)は、「製品やサービスを購入することで会員となり、会員が誰かを誘って会員にし、その誘われて会員になった人がまた別の誰かを誘って会員にする」、このことを繰り返すことで階層組織を形成し、製品やサービスの流通網を拡大していく、という点でどれも共通しています。

この「組織を作る」活動によって、あなたに収入が入ってくるわけです。

この収入のことは、MLM(ネットワークビジネス)の世界では「報酬」と呼ぶのが一般的です。

報酬は、他にも、ボーナス、あるいは、コミッションなどと呼ばれたりもします。

あなたが作る組織の会員の人数、または、製品やサービスの購入金額の増加に伴って、報酬の対象範囲も拡大して、報酬は増加していきます。

MLM(ネットワークビジネス)の報酬の増加の仕方の特徴については、よかったら、こちらの記事を参考にして下さい。

 

『案内講座④: ここが違う!MLMの権利収入の増え方』

 

MLM(ネットワークビジネス)では、企業ごとに、意図する組織の販売網の形成の仕方が異なります。

報酬も、その組織の形成の仕方に応じた発生の仕方をします。

企業ごとに設けられた特徴ある報酬の発生のシステムのことを、一般に、「報酬プラン」と呼びます。

MLM(ネットワークビジネス)の代表的な企業が採用している報酬プランのシステムは、ほとんど三種類で、ブレイクアウェイ、バイナリー、ユニレベルの通称で知られています。

 

厳密にはさらに幾つか存在しますが、それらは、いずれも、この三種類に関連したものです。

だいたいは、それぞれを組み合わせたり応用をしたりしたものが別の名前で存在します。

 

この講座では、まず、よく知られる代表的な三種類の報酬プランであるブレイクアウェイ、バイナリー、ユニレベルについて先に解説し、後に、残りの報酬プランについても見ていくことにします。

 

ステアステップ

 

まず、ブレイクアウェイについて見ていきたいのですが、システムとしては、ステアステップというものが前提として存在し、それにブレイクアウェイを加える、というやり方を多くの企業が採用しています。

そこで、まず、ステアステップとは何か、について先に説明します。

 

ステアステップは、「代理店方式」、「多段階方式」とも呼ばれます。

これは、MLM(ネットワークビジネス)企業が提供する商品を会員が低価格で仕入れて定価で販売していくやり方です。

したがって、差額の利益が会員の収入になっていく仕組みになっていて、一見、一般の代理店や特約店などと変わらないように思えます。

 

ただし、MLM(ネットワークビジネス)のステアステップの場合、会員の報酬の発生の仕方に特徴があって、組織で発生する商品の売上の利益は、会員の売上の成績に応じて皆で分配していく、という方法を取ります。

 

MLM(ネットワークビジネス)では、会員の組織が膨らみ、売上金額が大きくなり、それらが一定の基準に達することで、その成績に応じて獲得するタイトルというものが存在します。

また、売上の利益から会員に配当される割合は、上限が決まっているのが通常です。

 

ステアステップでは、高い地位のタイトルを保持すればするほどその会員へ配当される利益のパーセンテージは大きくなっていきます。

さらに、低い地位のタイトルを持つ会員への配当で残った利益の余剰分は高い地位のタイトルを持つ会員が拾っていきます。

こうして会員の保持するタイトルの地位の序列に応じて配当を拾っていく構造が、「階段」という意味のステアステップの名称の由来になっているようです。

 

通常、MLM(ネットワークビジネス)では、会員の組織が拡大するに連れ、高いタイトルを保持する会員が増えていくものです。

ステアステップでは、会員が作る組織の中に自分と同等以上のタイトルを保持する会員が発生すると、そこから先の流通で発生する利益は、余剰分が残らないため、得られなくなってしまいます。

このような事情があるため、ステアステップは、一般に、ブレイクアウェイなどの他のシステムと組み合わせることで用いられることが通常です。

 

現在、ステアステップのシステムだけを単独で採用しているMLM(ネットワークビジネス)の企業は、ほとんどありません。

 

ブレイクアウェイ

 

ブレイクアウェイを採用している主な日本国内のMLM(ネットワークビジネス)企業は、

 

日本アムウェイ、

三基商事、

ニュースキンジャパン、

フォーエバーリビングプロダクツジャパン、

ハーバライフ・オブ・ジャパン、

エックスワン

 

などです。

 

ブレイクアウェイは、ネットワークビジネス史上で最初に生まれた報酬プランのシステムで、それだけに、歴史が古く、この報酬プランを採用している企業を挙げてみると、伝統と知名度のある顔ぶれが多く名を連ねます。

ブレイクアウェイは、「脱退」、「切断」、「分離」などの意味を持ちます。

 

このブレイクアウェイが先のステアステップと異なるのは、

会員の作る組織が拡大し、組織の売上が大きくなり、その中に一定の基準を満たす活躍をする会員が現れると、その会員の持つ組織は、新たに別のものとして切り離され、独立(ブレイクアウェイ)する点です。

ブレイクアウェイでは、会員の作る組織の中から独立していく会員が現れると一時的にその影響で報酬が下がりますが、独立させる会員の数が増えるにつれ、やがて、発生する報酬は大きく上がっていきます。

ブレイクアウェイは、リーダークラスを多く輩出することで報酬も跳ね上がることから、大きく稼ぐ、という点だけを見れば、全報酬プランの中で随一のシステムです。

ただし、タイトルの地位を獲得したり維持したりするための売上のノルマは厳しいのが通常で、そのため、会員は商品の無理な買い込みなどに走るケースが多発しやすいのもこの報酬プランの特徴と言えます。

ブレイクアウェイのシステムは、本格的にビジネスとして取り組む人にとっては夢があると同時に、初心者や副業で取り組む人にとってはきわめてハードルが高いと言えるでしょう。

 

ブレイクアウェイのメリット

 

組織の会員を育て上げ、次々に独立させることができれば、大きな収入が期待できる。

 

ブレイクアウェイのデメリット

 

自分のタイトルの地位を維持するため、あるいは、組織の会員を独立させるために、商品の過剰な買い込みをしがち。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です