定期購入なし!絆の次世代型インターネット集客ネットワークビジネス

 

勧誘しない次世代型ネットワークビジネス(MLM)を提案する日本の会社(企業)が、近頃話題になっています。

絆(きずな)という会社(企業)です。

美しい名前ですね。

新しい会社(企業)なので、初めて聞く、という人も多いのではないでしょうか。

漢字の名前のネットワークビジネス(MLM)の会社(企業)というのも国内に意外とそう多くない気がしますが、特に一文字だけだと新鮮です。

「絆」という言葉は、もともとは「大事な家畜を繋いでおく綱」という意味で使われていたそうで、それが、やがて、大事なもの、繋がりという意味に転じ、人と人との結びつき、支え合いや助け合いのことを指して使われるようになったのは比較的最近なんだそうです。

絆のビジネスは、循環型、投資型といったネットワークビジネス(MLM)としてはあまり聞きなれない言葉で象徴されることが多く、これらもユニークで魅力的な響きがあります。

また、絆は、私たちの身近でもまだ珍しいインターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)を展開することが認められている会社(企業)であることでも知られています。

インターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)が常識になる時代もそう遠くないうちにやってくるのかもしれませんが、まさに今、日本はその夜明けを迎えているのかもしれません。

今回は、そんな新しい時代の予感を幾つも感じさせる絆のネットワークビジネス(MLM)について、調査してみました。

 

 

絆ってどんな会社(企業)?

絆について、簡単に紹介します。

 

会社概要

会社名 : 絆株式会社

住所 : 〒107-0062 京都港区南青山2-2-15ウィン青山1302

電話番号 : 077-533-5663

ファックス : 077-533-5664

代表取締役 : 久堀 勝 

会長 : 桜井 雅章

事業内容 : 健康補助食品の製造と販売

開業年月日 : 2019年11月1日

 

絆のホームページ

 

開業は2019年11月1日となっていますが、縁故会員の募集を既に2018年7月1日から始めていたようです。

当時はメルカリ・アマゾン・ヤフオクを融合したビジネスと言われていたようですが、現在の事業内容を見ると、転売系のビジネスでなく、純粋なネットワークビジネス(MLM)に専念しているように見受けられます。

何らかの方針変更があったのかもしれません。

代表取締役の久堀氏は、絆株式会社以外にも、進学塾の経営やその他にも幅広い分野で活躍しているようです。

敏腕のビジネスマンといった感じがしますね。

 

ドン・フェイラ成功教育関係の権利を保有

絆は、ネットワークビジネス(MLM)業界の第一人者のひとりであるドン・フェイラ氏との関係が深いことが知られており、ドン・フェイラ成功教育関係の権利をすべて保有している、とのことです。

ドン・フェイラ氏は、本場アメリカのネットワークビジネス(MLM)の権威として世界的に知られる人物で、彼のネットワークビジネス(MLM)関連の書籍は、現在、23ヵ国語に翻訳され、世界で九百万部のベストセラーになっています。

自らもビジネスとしてネットワークビジネス(MLM)を手がけながら成功を収め、そのノウハウを手軽に真似できるように完成させた「ナプキン・プレゼンテーション」は、ネットワークビジネス(MLM)の本質と成功への基本法則を説いて、欧米をはじめ世界各国のディストリビューターに大きな衝撃を与えたとも言われています。

絆がドン・フェイラ成功教育関係の権利をすべて保有していることが同社の事業であるネットワークビジネス(MLM)とどのような関係があるのか、教育サポートでそれらを学ぶことができるのか、その辺りの詳細はわかりませんが、会社(企業)のPR材料としては大変大きなインパクトがあります。

 

 

Amazon : 『ネットワークビジネス2×2=6 改訂BEST版―あなたの“やり方”は間違っている

 

さて、ここからは、絆が取り扱っている製品やネットワークビジネス(MLM)の特徴について見ていきたいと思います

 

絆の製品って?

絆が取り扱う製品は、近年ネットワークビジネス(MLM)の業界でも大注目を浴び流行になっている「再生」をテーマにしたもので、価格の単価として見れば製品はかなり高めですが、富裕層なども含め健康や美容に対して特に意識の高い人にとっては、大変魅力的です。

 

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)製品HEALTHY1(ヘルシーワン)

NMNは、2019年1月に完成した新しい製品です。

絆の主力製品のようです。

 

絆のホームページ(商品一覧)

 

NMNって?

NMNは、2015年1月4日のNHKスペシャル番組『私たちの未来Next World』でも放送され、若返りを実現できるかもしれない、というふれ込みで注目を浴びた物質です。

ニコチンアミドモノヌクレオチド(nicotinamide mononucleotide)を省略してNMNと書きます。

老化をコントロールする長寿遺伝子に「サーチュイン遺伝子」というものがあります。

このサーチュイン遺伝子を活性化させる成分がNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という物質ですが、NADは加齢とともに減っていきます。

このNADを作るのに必要なのがNMNです。

NMNを摂取すると肝臓でNADが合成されることが明らかになっています。

ワシントン大学の今井眞一郎博士らは、NMNをマウスに投与してその影響を調べました。

彼らの報告によると、高脂肪食によって糖尿病症状を起こさせたマウスにNMNを一週間(メスの場合)あるいは十日間(オスの場合)毎日投与(体重1Kgあたり一日500mgを腹腔内注射)すると、各種の指標で病態改善を示唆する変化が見られました。

しかし、普通の食事をしているヒトの糖尿病を改善したり、予防したり、その他の病気の発症を抑えたり、老化そのものを遅らせて健康長寿に役立ったりするかどうかは臨床試験の結果を見てみる必要がありそうです。

なお、NMNの末端価格は1gあたり600円~40,000円で、販売会社(企業)によって、価幅が非常に大きいです。

NMNに興味がある人は、参考までに、以下のような製品も今はAmazonで手に入るようです。

 

 

Amazon : 『NMN』

 

セラミドタモギ

絆には、以前から取り扱ってきた主力製品にセラミドタモギがあります。

ただし、現在、先に挙げたNMN製品がメインで、セラミドタモギは取り扱わず、新規登録キャンペーンの中で登録者に対して無料提供するといった特典的な取り扱いになっているようです。

 

絆のホームページ(商品一覧)

 

このセラミドタモギは、北海道にある株式会社スリービーが有効成分についての特許を取得しており、絆はこの会社(企業)と代理店契約を結んで販売しているようです。

 

株式会社スリービーのホームページ

 

なお、タモギ茸に興味がある人は、こちらも楽天で購入できる製品もあります。

参考までに、一例を掲載しておきます。

 

 

楽天 : 『タモギ茸の力』

 

絆でビジネスを始める人は代理店と呼ばれ、特にビジネスを意識していない人でも、こうした製品は代理店となることで誰でも購入することができるようになっています。

絆のホームページには新規代理店の登録用のフォームがあり、既に代理店として活動している人の紹介を受けた人であればインターネット(オンライン)で代理店の登録手続きもできるようになっています。

 

さて、ここからは、いよいよ絆のビジネスの特徴について見ていきます。

 

定期購入がない

ネットワークビジネス(MLM)では一度ビジネスに登録をすると流通組織上に自分のポジションがひとつ与えられますが、絆では、このひとつのポジションにつき製品を購入するのは一回だけです。

つまり、定期購入がありません。

追加で製品を購入したい時は、別途登録をして新たにもうひとつポジションを取ることになります。

これは、製品を購入する度に繰り返されます。

このシステムが次の循環型組織を生むことになります。

 

循環型組織って?

ネットワークビジネス(MLM)では、通常、ひとりのメンバーがビジネスで与えられるポジションはひとつです。

したがって、組織内でアップの人とダウンの人のポジションの上下の位置関係が変わることはありません。

そのため、ひとりのメンバーが製品を購入すると、それによって発生する報酬は常にアップラインの特定の人に支払われることになります。

ところが、絆では、製品の購入の度にダウンライン上に新たなポジションが発生するため、メンバー同士のポジションの上下関係が一様でなくなっていきます。

この時、報酬は、最初の登録で得たポジションでも次の登録で得たポジションでも発生します。

絆では、この製品を再購入する時の登録の回数に制限がありません。

製品が気に入れば何度でも登録をして再購入することができ、二回目に登録をする時は二つ目のポジションが、三回目に登録をする時は三つ目のポジションが、それぞれ同じ組織内に発生します。

循環型組織とは、この仕組みで生まれる組織のことを指しているようです。

 

 

こうして、ひとりのメンバーが何度もポジションを取ることのできる循環型組織では、一度の製品の購入で発生する報酬の支払先は他のネットワークビジネス(MLM)と違い複雑になっていきます。

報酬を吸い取ることのできるポジションが増えるということは、ある意味では、大きな収入を得るチャンスが広がる、という見方もでき、このことも循環型組織の特徴になっています。

 

絆の報酬プランって?

絆の報酬プランには以下の3つがあります。

 

・直紹介ボーナス

・バイナリーボーナス

・マッチングボーナス

 

それぞれ見ていきましょう。

 

 

直紹介ボーナス

直接紹介してダウンができた場合、ダウンが製品を購入した金額の8~10%を受け取ることができます。

得られる報酬額は、製品購入時のランクによって異なります。

 

バイナリーボーナス

直接下のダウンは2人までつけられます。

つまり、直接下にふたつのグループ組織が構成されることになります。

バイナリーボーナスは、下のふたつのグループからダウンの数が少ない方の総売り上げの10%が収益として入ります。

 

例えば、

直接下のグループAに10人のダウンが存在し、グループBに9人のダウンが存在するとすると、9人のグループであるBのバイナリーボーナスを受け取ることができます。

つまり、報奨額を多く受け取るためにはバランスのいい組織を構築する必要があります。

 

マッチングボーナス

1~3レベルまでのダウンの受け取った報酬額の10%が貰えます。

注意が必要な点として、3レベルより下のダウンからは報酬を受け取ることができないため、それ以降の報酬を得るには、製品を再購入し、3レベルより下に新たにポジションを取る必要があります。

 

以上が報酬プランですが、絆のネットワークビジネス(MLM)ではビジネスのコースとして4つのランクが存在し、得られる報酬の限度がこの登録時のランクによって決まります。

以下に、ランクの種類と製品代を示しておきます。

 

ランクと製品代金

ダイヤモンド  : 315,000円

プラチナ  : 186,000円

ゴールド :  97,200円

シルバー :  48,600円

 

また、絆では、登録時にバイナリーマップのポジションの配置のルールを以下の三種類の中から選べるようになっています。

 

左オート : 左系列最下層の左下に配置、同じ深さの場合は、一番左側の左下へ配置。

右オート : 右系列最下層の左下に配置、同じ深さの場合は、一番右側の左下へ配置。

オート : 左右の系列のうち規模の小さい方の最下層の左下に配置、同じ深さの場合は、左系列のうち最深部の左下に配置。

 

ダイヤモンドのランクで登録すると、このバイナリーマップに3つのポジションがいきなり与えられます。

つまり、はじめから直接下の左右に自分をダウンにしている形でビジネスがスタートします。

 

投資型って?

これらの特徴を持つ絆のビジネスプランは、投資型と言われたりします。

それは、つまり、こういうことを言っているようです。

 

定期購入がない。

したがって、アップの製品の再購入でダウンラインにポジションが発生しやすい。

つまり、通常のネットワークビジネス(MLM)よりスピルオーバーが発生しやすい。

すると、あわよくば、一回きり製品を購入する(投資する)だけで大きな収益が発生する可能性もある。

 

投資型が上手くいく例

 

 

例えば、自分が、ポジションBで登録(図1)する。

ポジションAを持つアップが、新たにポジションDを取って製品を再購入(図2)する。

さらに上のアップが、新たにポジションEを取って製品を再購入(図3)する。

ポジションAのアップが、ポジションGにダウンをつける。(図4)

すると、何の紹介も出していないポジションBの自分にも、ポジションDからのマッチングボーナスが入ってくる。

 

スピルオーバーというのは、自分で紹介を出さなくてもアップが自分の下にどんどんダウンをつけていってくれる(ここでは、アップの再購入でダウンラインにポジションが発生することも含む)ことを言います。

 

ただし、この投資型と呼ばれる青写真については、一度立ち止まって注意深く考えてみる必要がありそうです。

絆では、製品の再購入は義務ではありません。

再購入をしなくてもポジションはずっと保持できるわけです。

当然、再購入をしない人も多いでしょう。

そうなると、組織の中で再購入をする人としない人とどちらが多いか、でこのビジネスの明暗は分かれそうです。

もし、再購入をしない人の方が多い場合は、自分で新しい人をリクルートし続けなければ収入はどんどん減り、じり貧になってしまいます。

また、循環型組織を拡大させるには自分もどこかで必ず再購入をしていかなければならず、それは、どのレベルにポジションを持っていようとも関係ありません。

これでは、結局、いつまでも再購入とリクルート活動が続くことになってしまいます。

新規のポジションを増やし続けることで収入を確保していく、というのは、少なくとも、安定収入を目指す人のネットワークビジネス(MLM)のやり方ではありません。

また、アップラインだけがリクルート活動に励み、または、頻繁に再購入をして、それで勝手にダウンラインが伸びていく、ということはよほど運がよくないと通常はあり得ません。

何より、それが一度ならず二度も三度も繰り返されることを期待していく、というのはちょっと現実的ではありません。

 

こうしてみると、循環型組織では、組織のメンバー全員が製品の再購入とリクルート活動とを一丸となって継続していくのでもない限り収益のモデルとしてほとんど成り立たない、ということが想像できてしまいます。

こういう風にも例えられるかもしれません。

一度女王アリとなったアリがやがてまたすぐに働きアリになってエサを探し続けることを繰り返す、といった感じの構図です。

 

そして、この投資にはそれなりのリスクもあります。

購入する製品は、ネットワークビジネス(MLM)の中でもかなり高額な部類に入ります。

高額な費用を負担して投資型ビジネスに参加する、というのは大きなリスクを負うことを覚悟で投資をやる、ということです。

最初から大きな人脈を持つベテランの人にとっては、これは、たちまちのうちに大きな収益を得るチャンスでもあり、やりがいがあるビジネスかもしれません。

ただし、初心者は、自分の周辺で本当に循環が起きるのかどうか、その点をよく見積もってからビジネスに参加するのがいいかもしれません。

 

これと同様のビジネスプランを提案している外資の会社(企業)に、リーウェイ(RIWAY)というところがあります。

リーウェイ(RIWAY)については、以下の記事で詳しく紹介していますので、そちらも参考にしてみて下さい。

 

 

ここまで、絆の循環型組織や報酬プランの特徴と印象について述べてきました。

 

さて、絆のビジネスには、もうひとつ、見逃せない点があります。

絆では、口コミによる勧誘もインターネット(オンライン)集客もどちらも自由に行うことが可能になっています。

インターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)というのは、SNSやその他多様なメディアを活用し、ダウンになりそうな人のターゲットを意識したマーケティングを行うことでネットワークビジネス(MLM)の集客活動を展開していくやり方です。

一般的な口コミの勧誘とは趣が大分異なっており、やり方も様々です。

この記事では、最後に、そんなインターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)について聞きなれない人のために、やり方の一例や特徴について紹介します。

参考になさって下さい。

 

インターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)って?

インターネット(オンライン)集客を認めてくれるネットワークビジネス(MLM)の会社(企業)は珍しく、今でも大手、老舗をはじめとした会社(企業)のほとんどすべてで、不特定多数の人に向けて広告を発信することを禁止していたり、SNSも個人的なつながりのある人との間だけの限定的な利用のみを許してくれているケースが多いです。

ネットワークビジネス(MLM)の勧誘のやり方は、基本は今も口コミで、新規登録の契約時にはビジネスの活動をする本人が顧客と実際に会って対面で説明を行ってやるのが通常です。

 

一方、インターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)も、個人間で取引を行う、というビジネス上のルールが変わるわけではないので、活動の主体は個人単位でやっていくことになります。

ただし、人に会いに行く口コミと違い、インターネット(オンライン)集客の場合、当然、パソコンやスマートフォンの端末などが人と人とをつなぐことになります。

パソコンやスマートフォンはいまや世間に当たり前に普及し、誰もが使い慣れてはいますが、人によってアプリやソフトの習熟度は大きく異なり、場合によってはこうしたものを最低限使うことができるようになるための学習が必要になってきます。

また、ツールはただ使えるようになることが目的でなく、それらを使いネットワークビジネス(MLM)のマーケティングをやっていくためのノウハウも別途身につけていかなければなりません。

さらに、インターネット(オンライン)集客で集まる人は日常の人脈とは異なり住む場所も本当に様々ですから、すべての活動の場をインターネット(オンライン)上で完結してしまうことも考えていかなければなりません。

インターネット(オンライン)集客では、勧誘や勉強会、交流のために外に出かけたりお金を使ったりする必要はなくなりますが、従来のネットワークビジネス(MLM)とはまったく異なるこうしたインターネット(オンライン)上のネットワークを構築し維持するための独自の配慮も必要になってきます。

 

そこで、インターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)では、通常、こうしたものを学習し、利用し、参加するためのプログラムをまとめてシステム化し、それらを提供する環境を整え、興味のある人をそこへ迎え入れて一緒に活動していく、というスタンスを取るのが最も効率のよいやり方として広く採用されています。

 

一般に、インターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)では、参加者に以下のようなサポートが提供され、活動の便宜がはかられます。

 

インターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)のサポートって?

・インターネット(オンライン)上の集客や組織構築のノウハウ、表現技術などの指導

・ワードプレスをはじめとしたブログやSNS、YouTubeの動画の使用、作成などの補助

・集客用のバナー広告、ランディングページなどのテンプレートの提供

・専門の担当者によるクロージング

・活動で新たにダウンになった人の集客や組織構築の指導

 

ネットワークビジネス(MLM)のモデルでビジネスを展開していく場合、組織のメンバーの活躍はそのまま個々の利益に直結することから、こうしたインターネット(オンライン)集客のための環境は参加者に積極的に無料で提供されるケースも多く、この点が他のビジネスセミナーとは異なる大きなメリットです。

 

インターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)では、ターゲットとなる客筋の特徴も割とはっきりしています。

興味を持つのは、口コミ勧誘があまり得意でない、好きでない、という自覚を持っている人が多く、また、ネットワークビジネス(MLM)のことを既に知っているか、あるいは、実際に経験したことのある人であるケースが大半です。

つまり、従来のネットワークビジネス(MLM)の世間的なイメージや活動の苦労のことを聞いたり経験したりした範囲で既に知っている人たちです。

 

インターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)の客筋って?

・勧誘が得意でない人、好きでない人

・特別に大きな人脈を持たない人

・仕事や家事などで自由に使える時間の余裕があまりない人

・財布にやさしいネットワークビジネス(MLM)を探している人

 

ビジネスや製品を口コミで伝えるよさ、というものがあります。

ネットワークビジネス(MLM)は出費の面で登録時に大きな決断を迫るケースも少なくなく、そうしたものであればあるほど、既知の人、信頼している人から対面で説明を受けた方が自然な取引の流れとなり、安心して契約もできるものです。

 

一方で、インターネット(オンライン)集客には、また別の素晴らしさがあります。

およそ、気軽に始めてみたい、副業としてやってみたい、もう勧誘するネットワークビジネスはこりごり、という人に対しては、一品から製品を試してみたり、無料で学んだりしてもらいながら、「自宅で、隙間時間で、スマホで、リスクなく活動するこれだったら自分にでもやれる!」という手応えを感じてもらうための環境的配慮、ネットワークビジネスの会社(企業)やビジネスプランの選択肢も自由に揃えてあげることもできます。

 

ここまで、絆のビジネスの特徴の他、インターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)とは何か?、についてお伝えしてきました。

 

いよいよインターネット(オンライン)集客ネットワークビジネス(MLM)の可能性に注目し、積極的にチャレンジする会社(企業)が私たちの身近に次々と現れるようになってきました。

この傾向は、今後、加速していくと思って間違いないでしょう。

時代を的確に捉えるこうした新しい会社(企業)の活躍が増え、ネットワークビジネス(MLM)に興味を持つ多くの人にとって成功のチャンスが広がること、トラブルのないネットワークビジネス(MLM)の印象が定着していくことを期待してやみません。

 

定期購入なし!絆の次世代型インターネット集客ネットワークビジネス” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。