幸せはご飯で引き寄せる💯こだわりの手作り健康メシ16⭐️

こだわり食材No.16 かつお

 

かつおと野菜の南蛮漬け

 

かつおは、暖流の回遊魚で、温帯から熱帯の海域を群をなして回遊します。

かつおの旬は春と秋で、特に春のものは、初がつおと呼ばれ、脂肪が少なくヘルシーで、よくかつお節に使われます。

春に獲れる初がつおは、あっさりとした風味があり、秋に獲れる戻りがつおは、脂がのって濃厚な味わいです。

 

かつおは、魚類の中でも高タンパク。

かつおの筋肉を支える血合い部分には、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンD、鉄分、カルシウム、カリウム、亜鉛など、魚に含まれるビタミン、ミネラルのほとんどのものが含有されています。

特に、かつおに含まれるビタミンB12の量は、魚の中でも群を抜いています。

ビタミンB12は、赤血球の生成を助け、神経機能を正常に保つ効能があります。

また、コレステロールを減らし、肝機能を高めるタウリンも多く含みます。

かつおは、さらに、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸も豊富で、これらは、体内の血液をさらさらにし、また、脳の働きを活性化します。

 

かつおは、刺身やたたきなどが一般的ですが、サラダに添えたりなどの一工夫も可能です。

和洋問わず、様々な調理法を楽しんでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です