幸せはご飯で引き寄せる💯こだわりの手作り健康メシ15⭐️

 

こだわり食材No.15 トマト

 

鶏モモ肉とキノコの味噌焼き

インゲンと人参の胡麻和え

野菜南蛮

梅じゃこご飯

トマトのサラダ

 

トマトは、江戸時代に鑑賞用として伝わり、食用として用いられるようになったのは明治以降のことだそうです。

当初はケチャップなどの加工品として用いられることが主であったようで、意外にも、生で食べるようになったのは最近のことのようです。

 

栄養価の高いトマトの中で、栄養素の代表格は、何と言ってもリコピンです。

トマトの赤い色は、このリコピンの赤。

リコピンは、老化防止や生活習慣病の予防によい、とされていますが、その効果については、現在も研究が続き、まだまだ未知の可能性をたくさん秘めた栄養素である、と言えそうです。

トマトには、βカロテンも多く含まれます。

βカロテンもリコピンと同じカロテンの一種ですが、こちらは、体内でビタミンAに変わる性質を持っています。

トマトは、ビタミンや食物繊維も豊富です。

特に、ビタミンCが多い点で、トマトは、アンチエイジングや美肌にもいいでしょう。

トマトのビタミンCは加熱に強く、他にも、トマトには油に溶けやすい栄養成分も多く含まれているため、トマトは、煮込み料理や油を使った料理との相性もばっちりです。

血糖値を下げる効果もあります。

また、お酒を飲む時に一緒にトマトを食べると血液中のアルコール濃度が3割ほど低下するそうです。

普通のトマトとミニトマトとでは、ミニトマトの方が栄養価が高い、ということもよく知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です