幸せはご飯で引き寄せる💯こだわりの手作り健康メシ14⭐️

 

こだわり食材No.14 人参

 

人参のゼリー

そうめんかぼちゃのガーリックオイル炒め

 

世界中の食卓で親しまれている人参。

ニンジンの原産地は、中央アジアのアフガニスタン周辺であると言われています。

人参には、ヨーロッパに伝わった西洋系とアジアに伝わった東洋系のふたつの種類があります。

西洋系は太くて短く、東洋系は細長い形が特徴です。

私たちが、普段、見かけるのは、ほとんどが西洋系の人参です。

 

人参は、緑黄色野菜の中でも、栄養価において、大変優秀です。

人参の代表的な栄養素は、何と言っても、まずは、βカロテン。

人参の英語名である「carrot」の語源はカロテンが由来であると言われているくらいです。

βカロテンは、抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、他にも、体内でビタミンAに変換されて皮膚や粘膜、呼吸器系統を守る働きもあり、肌の健康維持や老化防止にも効果的です。

人参は、油との相性も抜群です。

βカロテンは、油に溶けやすい性質があるので、炒め物にするなど、油と合わせることで、さらに効率よく摂取することができます。

人参は、他にも、ビタミンB1やビタミンB2、カリウム、鉄分、食物繊維が豊富です。

主に根の部分を食べることの多い人参ですが、実は、葉の部分に非常に多くの栄養が含まれています。

 

写真は、ひとつは、低速回転ジューサーで搾って寒天で固めた人参のゼリーです。

搾りかすに少量の砂糖を加えてジャムにしたものを、ゼリーの上に乗せています。

もうひとつは、そうめんカボチャをガーリックオイルで炒めたもの。

野菜嫌いの子供は昔からいますが、近頃では、調味料の味がついていないと食べられない、というお子さんも多いそうです。

ちょっとしたひと工夫で野菜をデザート風にしてみることで、見た目も楽しくなり、調味料とは一味違う自然の甘みの素晴らしさも上手に伝えることができる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です