幸せはご飯で引き寄せる💯こだわりの手作り健康メシ11⭐️

 

こだわり食材No.11 そら豆

 

じゃがいもとそら豆のみたらし団子

 

塩ゆでにしたり、さやごと焼いて中のマメをそのまま食べたり、煮物や炒め物、スープなどにも広く用いられるそら豆。

揚げて塩をふったいかり豆(フライビーンズ)もよく見かけます。

そら豆の歴史は古く、ヨーロッパでは世界最古の農作物のひとつともいわれています。

日本へは平安時代に伝わったようです。

原産地は、諸説あるようですが、地中海、西南アジアではないか、と推測されています。

 

そら豆には、ひと粒ひと粒の豆に黒いツメがあります。

これは豆がさやにつながっていた部分で、「おはぐろ」と呼ばれます。

 

そら豆は、肉や魚などの動物性たんぱく質に比べ脂質が少ない植物性たんぱく質を多く含み、とてもヘルシーにたんぱく質の摂取が可能です。

また、糖質を分解しエネルギーに変換するのに不可欠なビタミンB1、糖質、脂質の代謝を促進する働きのあるビタミンB2も豊富です。

抗酸化作用を持つビタミンC、体内の余分なナトリウムを体の外に排泄するカリウムも多く含んでいます。

 

そら豆は、低カロリーで使い道の幅広い食材ですが、鮮度が落ちやすいので、入手後は、できるだけ早めに食べるのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です